Workbook on Books
装丁・装画の仕事

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 619p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784768307915
  • NDC分類 022.57
  • Cコード C0072

出版社内容情報

装丁家101人、装画家29人の仕事作品を中心に、
1人2見開きで掲載。


日本図書設計家協会編集による『Workbook on Books』シリーズの2016年度版。装丁家・装画家の作品を中心に略歴、連絡先などのパーソナルデータを記載しているので、制作依頼のインデックスとしてもご活用いただけます。また、第3回『東京装画賞』の入選作品、Hall of Fameのご紹介など総掲載数は約1,350作品を超える、読み応えのある内容となっています。 装丁と用紙へのこだわりも含め、本好きな方やデザインに興味がある方にとって、内容はもちろんのこと、本体も資料価値の高い一冊です。

【驚きの装丁・造本】

あえてカバー、表紙、本文設計のデザイナーを別にして個性が競演し融合した装丁です。カバーデザインのコンセプトは「ダストジャケット」。「どうぞはずして表紙を楽しんでください」との思いから、中の表紙が少し透けて見える紙を選んでいます。がらりと趣の違う表紙は黒が際だつ印刷とニスびき仕上げ。並製で一見カジュアルな造りに見えますが、作品頁は高級印刷用紙エアラスならではの効果を見ていただけます。造本においても、624ページのぶ厚い本を支えるクータ・バインディングで、たいへん開きのよい仕上がりになっています。クータと呼ばれる本の背の空間部分のデザインにもご注目ください。

目次

装丁家(青山信二;池上幸一 ほか)
装画家(飯島英明;石川ともこ ほか)
東京装画賞(一般部門;学生部門 ほか)
賛助法人会員(王子エフテックス株式会社;関西美術印刷株式会社 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

40
#説明歌 装丁と装画の仕事作者順日本図書設計家協会のこと2017/01/23

クサバナリスト

9
パラパラ読み。これは、読書とは別に、書籍そのものをデザインと楽しむには良い。書店で本の表紙を見る楽しみが増えた。2016/12/11

じじちょん

4
装丁と装画を手掛けた作者の顔写真と経歴、主な本を紹介しています。とにかくぶ厚いので、一つ一つ吟味するとかなり時間がかかります。 本を読むとき、ぱっと見た印象や内容に注目しがちですが、こうまとめられると各作者ごとに特徴がある事が分かります。2017/04/18

2
まず、その本の形に驚く。両開きの太い表紙をめくると、左右両サイドに日めくりカレンダーのようなものがついている。 それぞれ、装丁・装画がまとめられている。言葉でこれ以上うまく説明できないのがもどかしい。 写真がメインだったのですぐに読めたが、もう少し装丁について詳しく語って欲しかった。大路浩実さんが良かった。2017/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11234670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。