科学がつきとめた中年太りのすごい解消法

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

科学がつきとめた中年太りのすごい解消法

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月24日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784767832159
  • NDC分類 595
  • Cコード C0077

出版社内容情報

中年太りが止まらない!

何をしてもやせない人へ!

●科学誌「サイエンス」にて発表! まったく新しいダイエットの常識が明らかに!

・新事実!中年太りの原因は従来から言われてた「アレ」ではなかった!

・中年になると、筋肉の質が悪くなってしまう

・魚のたんぱく質は、筋肉の質をよくすると新たに判明

・やせるには筋トレよりも有酸素運動のほうが大切



最新科学から導かれた

新しいダイエットの知識で、

中年太りをストップ!



■目次

1章 どうして中年になると体重が増えるのか

2章 体重が増えると病気になりやすい

3章 どうすれば中年太りを解消できるか

4章  座る時間が長い人はやせられない

5章 65歳からは小太りの方がよい



■著者プロフィール

山田陽介(やまだ・ようすけ)

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所運動ガイドライン研 究室長、神戸大学大学院保健学研究科准教授。

専門は、身体活動 科学・栄養代謝学・健康長寿学。 1980年埼玉県生まれ。1999年浦和高校卒業。2003年京都大学 総合人間学部卒業。2009年京都大学にて博士(人間・環境学)号 取得。

ウィスコンシン大学マディソン校栄養学科、福岡大学スポーツ 科学部、京都府立医科大学医学部でのポスト・ドクターを経て現職。

米国留学中は、長期カロリー制限サルの健康寿命やエネルギー代謝 に関する研究に従事。

京都では、地域の中高齢者に対する運動・栄 養・骨格筋の質に関する大規模調査・介護予防研究(京都ー亀岡ス タディ)を実施。

国連の国際原子力機関が管轄するエネルギー代謝 データベースの運営委員や、アメリカ老年学会誌編集委員を歴任。

これまで、アメリカ老年学会65周年記念論文賞(医学部門)、国際 骨粗鬆症学会や国際フレイル・サルコペニア学会での若手最優秀賞 など多くの国内外の学術賞を受賞。

2021年、2022年には『Science』 誌、2023年には『Nature Metabolism』誌に共同責任著者の論文 が掲載されるなど、エネルギー代謝に関する研究の第一人者。

内容説明

科学的根拠に基づいた食事と運動で中年太りを撃退する。

目次

第1章 どうして中年になると体重が増えるのか
第2章 体重が増えると病気になりやすい
第3章 どうすれば中年太りを解消できるか
第4章 座る時間が長い人はやせられない
第5章 65歳からは小太りのほうがよい
第6章 ドクター山田式中年太りダイエット必勝法

著者等紹介

山田陽介[ヤマダヨウスケ]
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所運動ガイドライン研究室長、神戸大学大学院保健学研究科准教授。専門は、身体活動科学・栄養代謝学・健康長寿学。1980年埼玉県生まれ。1999年浦和高校卒業。2003年京都大学総合人間学部卒業。2009年京都大学にて博士(人間・環境学)号取得。ウィスコンシン大学マディソン校栄養学科、福岡大学スポーツ科学部、京都府立医科大学医学部でのポスト・ドクターを経て現職。米国留学中は、長期カロリー制限サルの健康寿命やエネルギー代謝に関する研究に従事。2021年、2022年には『Science』誌、2023年には『Nature Metabolism』誌に共同責任著者の論文が掲載されるなど、エネルギー代謝に関する研究の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nyaoko

61
昔昔この国には、特に中高年に肥満と言う人間は居なかった…ですよね…そうですよね、食べ過ぎですよね…そして、楽しすぎてますよね、現代人…あと、年取ると筋肉の質も悪くなるんだって。読んでてヒーヒーと心の中で悲鳴あげてました。2024/02/20

Twakiz

31
この手の本は「〇〇だけすればOK」「●●だけ食べれば」の極論モノも多いがこの著作はコツコツと地道に取り組むことを推奨しており真っ当な内容と感じた。がゆえに当たり前の内容で目を見張る新しさはない。代謝の低下は中年でもあまりなく、太るのは摂取過多と運動不足の蓄積だそう。1日わずか10キロカロリーのオーバー、1gの体重増加でもずっと積み重なれば体重過多、肥満につながる、1日少しの運動でわずか10キロカロリーでも消費すればこの蓄積が減らせる。なんでも小さなことを積み重ねると遠くまで行けるのはダイエットに限らず。2024/01/28

kou

28
歳をとると筋肉の質が悪くなる等、なかなかゾッとするデータが満載だった。日々の積み重ねの大事さが分かる。でも、美味しい物も、たらふく食べたいんだよねぇ~。悩ましい。2024/03/31

ゆるまる子

17
タイトルを見ただけで、避けて通れず読む笑。毎日少しずつ継続する事は大事。最近は階段を使う、ジャンプする、スクワットするという小さな事をしていた。これが案外良いという事がわかった。スポーツをした方が、さらに良いのは分かるがいつも続かない。日々の心がけで細かく動く方が私には向いてそう。「階段を見たら薬と思え」「消費カロリーを増やすコツは上下運動」「1日3分でいいから息のあがる運動」がんばろう!よし今年こそは!笑(2024-6)2024/02/04

YOMIPITO

6
この本を選んだのは、昨年読んで気に入った「運動しても痩せないのはなぜか」と同じく、最新の代謝測定法のデータに基づくとラジオで聞いたから。この本での新事実は「20代から60代までの間で総エネルギー消費量は変わらない(代謝は落ちない)」。なので、結論は「カロリー過多を防いで運動すべし」という「運動しても…」と同じ当然のところに行き着く。一般論だけど、根拠があるので身に沁みるね。私の場合、この一冊でOK。気になったのは、65歳すぎの小太りメリット。データあり、とだけで理由説明なし。そこは他の情報源に当たるしか!2024/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21689735
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。