東京のかわいい看板建築さんぽ―昭和の商店建築は、自由で楽しい!

個数:

東京のかわいい看板建築さんぽ―昭和の商店建築は、自由で楽しい!

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2020年07月06日 06時17分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784767827148
  • NDC分類 526.67
  • Cコード C0052

内容説明

商人や職人の自由な発想、手仕事の温もり、時間の紡ぎだす味わい―。看板建築のドラマチックな瞬間を切り取った写真ガイド。エリアごとのおすすめルートがわかるイラストマップ付き。

目次

神田・神保町エリア
日本橋エリア
銀座・築地エリア
品川・芝・高輪エリア
台東・墨田エリア
その他エリア

著者等紹介

宮下潤也[ミヤシタジュンヤ]
長野県生まれ。一級建築士。筑波大学芸術専門学群デザイン専攻卒業後、ゼネコンにて建築設計の仕事に従事する傍ら、2017年より看板建築を題材としたイラストレーションの制作を始める。独自の目線で切り込む古今東西の看板建築考察がSNSで話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

東京には、戦災や震災を乗り越えた古い建物が多く残っています。昔ながらの商店街や下町を歩けば、気になるレトロな建物がちらほら……。実はそれ、「看板建築」かもしれません。看板建築とは、大正から昭和初期にかけて建てられた木造の店舗兼住居で、正面部分は看板のように銅板やタイル、モルタルなどの装飾で彩られています。店舗ごとのユニークな装飾は、著名な建築家ではなく、建主や施工にかかわった職人たちが自由に施したものがほとんど。型にとらわれない自由な佇まいが、今も人々の心を魅了しています。老朽化や空き家化によって日々取り壊されつつある看板建築。本書では、今も現役で稼働している貴重な東京の看板建築を集めました。営業中の店舗は、実際に建物の中に足を踏み入れることもできます。