歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月24日 15時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784767824789
  • NDC分類 523.136
  • Cコード C0026

目次

東京ステーションホテル(丸の内)
日本橋高島屋(日本橋)
日本橋三越本店(日本橋)
KITTE(旧・東京中央郵便局)(丸の内)
ビヤホールライオン銀座7丁目店(銀座)
国際文化会館(六本木)
岡本太郎記念館(表参道)
目黒区総合庁舎(旧・千代田生命本社ビル)(中目黒)
東京都庭園美術館(白金台)
原美術館(品川)〔ほか〕

著者等紹介

甲斐みのり[カイミノリ]
1976年静岡県生まれ。文筆家。旅、散歩、お菓子、手みやげ、建築など、女性が好み憧れるモノやコトを主な題材に、書籍や雑誌に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

87
このガイドに紹介されている名建築は、"中に入って美味しい美味しいものが食べられる建物"ばかりです。クラシックホテルや美術館、百貨店、ビヤホール、学食、などなど。入口、天井、壁の装飾などの美的鑑賞ポイント、建物にまつわる歴史的出来事や偉人などなど知的な刺激もたくさんあるのに、知らないでいるとサッと食べて「あぁ美味しかった」とそのまま出てきてしまいます。この本があれば、美的知的欲求も食読も満たされて大満足となります。紹介されている建物には全て訪れて、そこで食事を満喫したいです。2024/02/06

コットン

87
夜長月さんのオススメ本。訪れた建物もあるが、未見では日本橋高島屋の踊り場裏の照明とか、目黒区総合庁舎の一段目の階段が浮いているように見える階段、ハンチが美しい学士会館、建築本では何度も目にする機会のある自由学園 明日館、小笠原伯爵邸などなど…。2019/01/10

♪みどりpiyopiyo♪

64
クラシックホテルや美術館から、百貨店、ビヤホール、学食まで。中に入って「おいしいものが食べられる」とっておきの名建築ガイド ■子供の頃からずっと 近代建築に惹かれています。10代の頃の憧れは「いつか 旧朝香宮邸(東京都庭園美術館)に住むこと」でした 笑。■馴染みの場所も、建物にまつわるエピソードを知って、細部に目を留めながら歩き、中のカフェやレストランでゆっくり過ごしてみれば、新たな魅力が見つかります♪ ■お出かけにぴったりなコンパクトな版型も嬉し。この本 欲しいなぁ (ღ′◡‵) (2018年)(→続2019/02/27

夜長月🌙@新潮部

63
甲斐みのりさんが東京の名建築を巡りながらそこで美味しいものを食べるという目と舌でダブルに楽しむ企画。本を元にイベントをするならランチは帝国ホテル「お子様プレート」。スープに始まりメイン、デザートで1,620円。大人も頼めます。これは村野藤吾さんが増築した日本橋高島屋の特別食堂でいただけます。村野藤吾さんと言えば階段の魔術師。目黒区総合庁舎で見事な螺旋階段を見ることができます。(続く)2018/11/27

ぶんこ

60
建物好き、東京育ちとあって、行ったことのある建物が多いのですが、まだまだ行ってないところがあるのが嬉しかったです。特に後半。赤坂プリンスクラシックハウスは知りませんでした。ステンドグラスの写真を見て行きたくなりました。江戸東京たてもの園は遠いけれど行きたい。武相荘はもっと遠いけれど行きたい。近場では小笠原伯爵邸、立教大学。隙間時間に少しずつ読んでいて楽しい読書となりました。2022/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12915236
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。