研究社 英語の数量表現辞典 (増補改訂版)

個数:

研究社 英語の数量表現辞典 (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月26日 09時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 712p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784767434803
  • NDC分類 835.29
  • Cコード C0582

内容説明

数量に関する疑問文・数の一致(単数/複数)・時刻と時間・野球の数字表現・加減乗除・式の読み方・身体計測など、第1部は全64の多彩なトピックについて解説。25時、00年代、うるう秒、B.C.ならぬB.P.、夜の12時は翌日か、縁起のいい数・悪い数、年号の読み方が決まるまで、Octoberはなぜ「8月」でないか、数字を英語読みする日本語の名称など、豆知識が学べる「トリビア」コラムを併載。第2部は約1500の日本語見出しからなる辞典。

目次

第1部 トピック別編(基数;数え方;ローマ数字;序数;アラビア数字で書くかスペルアウトするか;数字の読み方;大きな数;漠然とした大きな数 ほか)
第2部 和英編

出版社内容情報

★英語の数量表現をトピックで知る・和英で引く
第1部「トピック別編」は64の章立てで基本の数字の読み方・書き表わし方から日常・社会のさまざまな場面での数量や「多少・増減」などの概念にまつわる表現、さらに数式の読み方・自然科学分野まで幅広くカバー。第2部「和英編」には約1500の日本語見出しを収録、単独で辞書として使用する以外に第1部のトピックの索引としての利用も可能。第1部に節のタイトルとしてある「月日(がっぴ)」の見出しを新たに設けるなどして索引の機能を一段と強化した。旧版から1割の分量増。英語の数量表現を扱うものとして他に類をみない総合事典。数字にも強くなりたい英語学習者、実務で英語を使う機会の多い社会人にとっては必携の一冊。

第1部 トピック別編
基数/数え方/ローマ数字/序数/アラビア数字で書くかスペルアウトするか/数字の読み方/大きな数/漠然とした大きな数/概数/位取りと四捨五入・切り上げ・切り捨て/数値範囲の表現/「以上」「以下」等の表現/比較・差・増減/最高と最低/順位・順番の表現/投票・選挙の表現/…倍/同等・相当/多少の表現/「…も」「…しか」「たった」/過不足の表現/割合/確率と可能性/合計・累計・延べ/平均/数量に関する疑問文/単位/伝統単位/年・年度・元号・世紀/日付と曜日/年・月・週・日/時刻と時間/時間を表わす句・節/期間の表現/期日・期限の表現/回数・頻度の表現/伝統暦/年齢/通貨と為替/料金・価格・収支/英文会計/大きさ・重さ/身体計測/服のサイズ/温度・気象・地震/住所と電話番号/学校/法律・条約/野球の数字表現/その他の競技・勝敗の数字表現/電池・テレビ/小数/分数/加減乗除/式の読み方/式の書き方/式変形の英語/図形の基本表現/方向・向き/有名な科学の法則/ギリシア語/ラテン語系の数を表わす接頭辞/数の一致/不定代名詞と単数/複数/各種構文と単数/複数
第2部 和英編
日本語の見出し約1500からなる和英辞典。第1部の索引を兼ねる。第1部に節のタイトルとしてある「月日(がっぴ)」の見出しを新たに設けるなどして索引の機能を一段と強化した。

研究社辞書編集部[ケンキュウシャジショヘンシュウブ]

トム・ガリー[トム ガリー]
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。米国シカゴ大学大学院で言語学と数学の両修士課程を修了。『新和英大辞典』第5版(2003年)編集委員、著書に『English For Scientists』(2007年)『英語のあや』(2010年)、また監修本に『辞書のすきま、すきまの言葉』(2009年)(以上すべて研究社)がある。