ジョーン・ロビンソンとケインズ―最強の女性経済学者はいかにして生まれたか

個数:
電子版価格 ¥5,940
  • 電書あり

ジョーン・ロビンソンとケインズ―最強の女性経済学者はいかにして生まれたか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766428407
  • NDC分類 331.74
  • Cコード C3033

出版社内容情報

・20世紀最大の女性経済学者であるジョーン・ロビンソン。

・彼女がいかにしてケインズをとりまく学者たちの頂点に登りつめたか。その秘密が初めて明らかになる。



20世紀を代表する女性経済学者、ジョーン・ロビンソンは、男性社会であるケンブリッジ大学の知識人のなかで、いかにして自らの地位を確立し、研究成果を認められたのか。ケインズをめぐる人間模様を、膨大な書簡から詳細に描き出す。ケインズ『一般理論』の形成、そして「ケインズ革命」を知る上で重要な一冊。

内容説明

「ケインズ革命」はいかに成就されたのか?1930年代のケンブリッジで経済学者たちが織りなす人間模様と学説の闘いがいま再現される!

目次

プロローグ 男性経済学者たちが織りなすコラージュから浮かんでくる女性
第1章 理論家らしからぬキャリア
補説 ロビンソンとカーン
第2章 『不完全競争の経済学』の誕生
第3章 ケインジアンになる
エピローグ 「ジョーン・ロビンソンとは何者なのでしょうか?」

著者等紹介

アスランベイグイ,ナヒド[アスランベイグイ,ナヒド] [Aslanbeigui,Nahid]
モンマス大学経済学教授。専門は経済学史

オークス,ガイ[オークス,ガイ] [Oakes,Guy]
モンマス大学名誉教授。専門は哲学

安達貴教[アダチタカノリ]
京都大学経営管理大学院・大学院経済学研究科准教授。専門は応用ミクロ経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。