慶應義塾大学東アジア研究所現代中国研究選書<br> 毛沢東の強国化戦略 1949‐1976

個数:
電子版価格 ¥5,940
  • 電書あり

慶應義塾大学東アジア研究所現代中国研究選書
毛沢東の強国化戦略 1949‐1976

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月16日 14時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 469p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766427769
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C3031

出版社内容情報

▼なぜ急進的な国家建設を追求したのか?



▼朝鮮戦争、台湾海峡危機、和平演変の脅威、中ソ関係の悪化などの国際情勢の変動が、いかに毛沢東の脅威認識に影響を与え、強国化に向かわせたかを、一次資料から丹念に検証する。政治・外交・軍事・経済にまたがる意欲作。

内容説明

朝鮮戦争、台湾海峡危機、和平演変の脅威、中ソ関係の悪化などの国際情勢の変動が、いかに毛沢東の脅威認識に影響を与え、強国化に向かわせたかを、一次資料から丹念に検証する。政治・外交・軍事・経済にまたがる意欲作。

目次

序章 毛沢東時代の中国における国家建設と安全保障
第1章 新民主主義段階構想の終焉と朝鮮戦争 一九四九‐一九五三年
第2章 社会主義化の加速と第一次台湾海峡危機 一九五四‐一九五六年
第3章 反冒進と国際環境 一九五六‐一九五七年
第4章 大躍進政策の形成と共産主義の夢 一九五八‐一九五九年
第5章 大躍進政策の失敗と中国の孤立 一九五九‐一九六二年
第6章 三線建設から反和平演変へ 一九六三‐一九六六年
第7章 文化大革命と未完の戦略転換 一九六九‐一九七五年
終章 中国の強国化戦略

著者等紹介

山口信治[ヤマグチシンジ]
防衛研究所地域研究部中国研究室主任研究官。1979年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学、博士(法学)。2015年より現職。専門分野:中国政治・安全保障、中国現代史、中国の党軍関係、米中関係(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。