ハンス・ヨナス 未来への責任―やがて来たる子どもたちのための倫理学

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

ハンス・ヨナス 未来への責任―やがて来たる子どもたちのための倫理学

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2022年05月25日 03時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 274p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766427554
  • NDC分類 151.2
  • Cコード C0010

出版社内容情報

▼科学技術文明において、現在世代は未来世代を滅ぼすことができる。

アウシュヴィッツの惨禍を生きた哲学者が描く、テクノロジー時代の新たな倫理学



▼気候変動、ゲノム編集、放射性廃棄物――



テクノロジーは、遠い未来にまで影響を及ぼす。

したがって私たちは、まだ生まれていない未来世代に対し、責任を負わなければならない。直感的にはそう思える。

しかし、存在していない者とは合意形成ができず、またそこに人権を認めることもできない。

ここに、ハンス・ヨナスの提唱した、まったく新しい未来倫理学の考え方が呼び出される。

ユダヤ人として二〇世紀を生き、自ら戦場に立った彼は、なぜ「未来への責任」を見出し、そしてどのような思索を重ねたのか。

気鋭の若手による、ヨナス研究の新たな地平。

内容説明

テクノロジーは、遠い未来にまで影響を及ぼす。したがって私たちは、まだ生まれていない未来世代に対し、責任を負わなければならない。直感的にはそう思える。しかし、存在していない者とは合意形成ができず、またそこに人権を認めることもできない。ここに、ハンス・ヨナスの提唱した、まったく新しい未来倫理学の考え方が呼び出される。ユダヤ人として二〇世紀を生き、自ら戦場に立った彼は、なぜ「未来への責任」を見出し、そしてどのような思索を重ねたのか。気鋭の若手による、ヨナス研究の新たな地平。

目次

第1章 人間と想像力―哲学的人間学1
第2章 歴史をめぐる問い―哲学的人間学2
第3章 死の存在論とニヒリズム―哲学的生命論1
第4章 テクノロジーの脅威―技術論
第5章 生命とは何か―哲学的生命論2
第6章 傷つきやすさへの責任―未来倫理学1
第7章 未来世代への責任―未来倫理学2
第8章 アウシュヴィッツ以降の神―神学
おわりに―やがて来たる子どもたちのために

著者等紹介

戸谷洋志[トヤヒロシ]
1988年生まれ。哲学専攻。関西外国語大学・准教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。第31回暁烏敏賞(2015年)、第41回エネルギーフォーラム賞優秀賞(2021年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

urigaya

1
やがて来たる子どもたちのための倫理学・・・という概要に興味を持ち読み始めたものの、ハンス・ヨナス個人の論評を繰り返し洗脳される結果となった。親には、子どもが誰であるかを決めることはできない、その子供が、その子供である責任は誰にもない、だからこそ、親じゃその子供を守る権利を引き受ける、なぜなら、その子供は世界にたった一人しか存在しないのだから。この視点、あるいは価値観、世界観で、すべての子供(=人間)を見つめることができたなら、この世は少しずつ変化していくのではないだろうか。2021/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18164048

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。