第一次世界大戦と日本の総力戦政策

個数:
電子版価格 ¥6,600
  • 電書あり

第一次世界大戦と日本の総力戦政策

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月01日 11時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 424p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766427493
  • NDC分類 393.6
  • Cコード C3031

出版社内容情報

▼「総力戦・総動員=ドイツ由来」説を覆す



▼総力戦政策である、対敵取引禁止令、戦時船舶管理令、戦時利得税、軍需工業動員法などの導入過程を通じて、

第一次世界大戦期の日本をグローバルな新視点で捉える意欲作。

内容説明

「総力戦・総動員=ドイツ由来」説を覆す。総力戦政策たる対敵取引禁止令、戦時船舶管理令、戦時利得税、軍需工業動員法などの導入過程を通じて、第一次世界大戦期の日本をグローバルな新視点で捉える意欲作。

目次

序章 総力戦・総動員と連合国としての日本
第1章 連合国の経済封鎖政策と日本―対敵取引禁止令
第2章 連合国の海運統制政策と日本―戦時船舶管理令
第3章 第一次世界大戦と経済思潮―経済学者堀江帰一の言論を通して
第4章 総力戦における税政策と国民―社会政策としての戦時利得税
第5章 英米の経験と日本の総動員法制―軍需工業動員法・軍需局・国勢院
終章 まとめと展望

著者等紹介

諸橋英一[モロハシエイイチ]
慶應義塾大学法学部講師(非常勤)。1984年生まれ。University of St Andrews教養課程修了、University of Essex政治学部政治経済学科卒業。国家公務員1種試験合格。金融機関勤務を経て、慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。