新債権法の論点と解釈 (第2版)

個数:

新債権法の論点と解釈 (第2版)

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2021年03月06日 05時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 576p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766427141
  • NDC分類 324.4
  • Cコード C3032

内容説明

新民法の論点は何か?どう解釈すべきか?必要に応じて内容を調べられる改正法概説書。改正法を勉強する切実な必要性に迫られている方に向け、これまでの議論の全てを補充・集約・展開。平野教授の手による解説・解釈書の決定版!

目次

序論 2017年民法(債権法)改正のプロローグ
第1部 民法総則規定の改正(意思無能力規定の導入;法律行為の無効規定の改正 ほか)
第2部 債権総論規定の改正(特定物の引渡しの場合の注意義務;法定利率 ほか)
第3部 契約法総論規定の改正(契約の基本原理;契約の成立 ほか)
第4部 契約法各論規定の改正(贈与契約;売買契約1―手付及び買戻し ほか)
終論 2017年民法(債権法)改正のエピローグ

著者等紹介

平野裕之[ヒラノヒロユキ]
慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。早稲田大学法学部非常勤講師、日本大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師。1981年司法試験合格、1982年明治大学法学部卒業、1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了、1984年明治大学法学部助手、1987年明治大学法学部専任講師、1990年明治大学法学部助教授、1995年明治大学法学部教授を経て現職。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。