新・考える民法〈4〉債権各論

個数:

新・考える民法〈4〉債権各論

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年11月25日 01時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766426991
  • NDC分類 327.07
  • Cコード C3032

内容説明

司法試験の論文試験には何が求められるのか?本番形式の問題に対して、出題の趣旨、論点の重要度、答案作成に関するコメントなどを随所につけ、改正民法に対応した解説で各論点を徹底解明。答案構成サンプルも付し、実際の論文試験で考え抜き、圧倒的な論文力を養う究極の民法事例演習書、第4巻債権各論。

目次

贈与
売買
交換
消費貸借
使用貸借
賃貸借
請負契約
委託・寄託
和解
事務管理
不当利得1
不当利得2
不法行為1
不法行為2
不法行為3

著者等紹介

平野裕之[ヒラノヒロユキ]
慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。早稲田大学法学部非常勤講師、日本大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師。1981年司法試験合格、1982年明治大学法学部卒業、1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了、1984年明治大学法学部助手、1987年明治大学法学部専任講師、1990年明治大学法学部助教授、1995年明治大学法学部教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

▼考えに考え抜き、改正民法をコンプリートする至高の演習書・第Ⅳ巻・債権各論!

▼司法試験受験生必携。「改正民法演習シリーズ」(全4巻)、いよいよ完結。

▼受験生に支持のあつい著者が、完璧な改正民法の論点・論述を解き明かす。



「よい答案は,木に例えて比喩的に言えば,幹がちゃんとできており大きな枝だけでなく,枝葉まで丁寧に落とさず見事に書いてあり,かつ,周りに余計な雑草も生えていない答案である。大きな枝が何本か足りなければ大きな点差がつくが,ほぼ同じ樹形でそれなのに差がつくのは枝葉の部分まで丁寧に書いてあるかどうかの微妙な差である。実力的には大差ないのに答案では差が出るのはこの程度の差である。」



そして「実務家登用試験である司法試験に要求されるのは,90%は正確な条文そして判例の知識,残りの10%が事案分析・論点の発見能力そして文書作成能力である」。



民法における思考能力を徹底的に鍛え上げ、改正民法を完璧に自分のものとする。

本演習書シリーズは上位合格を目指す方にとっては必須の書籍。



①各問題の解説冒頭には書くべき論点とその問題における重要度を示し、②設問ごとの解説の冒頭に出題の趣旨的な概説を示す。そして、③各問いの最後には参考例として答案構成のサンプルも示す。

時間のない方は、冒頭の論点と、最後の答案構成だけ読み、必要に応じて解説を確認するにとどめてもよい。実力者にとっては、それが最善の本書の利用方法である。



至高の改正民法演習シリーズ全4巻、堂々完結!