ドラッグの誕生―一九世紀フランスの“犯罪・狂気・病”

個数:
電子版価格 ¥4,400
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ドラッグの誕生―一九世紀フランスの“犯罪・狂気・病”

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年11月28日 07時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766426403
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C3022

内容説明

なぜ、それまで医薬品であった大麻・阿片・モルヒネは“ドラッグ”となったのか。彼らに“逸脱者”の烙印を押したのは誰か。一九世紀フランスの社会病理を読み解き、現在に至る“排除”の起源を探る。

目次

序章 薬物問題の三つの位相
第1章 阿片と公衆衛生(阿片―医薬品か毒物か;フランスにおける阿片規制と公衆衛生 ほか)
第2章 大麻と精神疾患(“ハシッシュ倶楽部”;『ハシッシュと精神疾患』 ほか)
第3章 モルヒネ中毒と法医学(モルヒネと医療;モルヒネ中毒と犯罪 ほか)
第4章 アルコール中毒と社会病理(新しい疫病;アルコール中毒の医療化 ほか)
第5章 ドラッグの誕生(国際阿片会議;「毒物嗜癖」とフランスにおける薬物規制 ほか)
終章 この不安の世紀に

著者等紹介

渡邊拓也[ワタナベタクヤ]
1974年生まれ。2012年、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS‐Paris)修了。Ph.D.(歴史学)。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(文学)。現在、大谷大学社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今なお闊歩する〈正常〉の亡霊



なぜ、それまで医薬品であった大麻・阿片・モルヒネは〈ドラッグ〉となったのか。

彼らに〈逸脱者〉の烙印を押したのは誰か。

一九世紀フランスの社会病理を読み解き、現在に至る〈排除〉の起源を探る。



一九二五年、ジュネーヴ条約によって「危険薬物」が定義・規制され、薬物使用者は犯罪者となった。

〈ドラッグの誕生〉である。



我々はここで問いを発しなければならない。

なぜ、逸脱化と排除は起こるのか。

その裏側に隠された〈正常〉とは何か――。



近代社会に導入された公衆衛生の概念と、

進歩史観に基づく国家計画の下、

薬物中毒者が社会的逸脱を経て犯罪者となっていく過程を鮮やかに描き出す。