なぜフィクションか?―ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで

個数:

なぜフィクションか?―ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2020年02月20日 09時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 342p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766425758
  • NDC分類 701
  • Cコード C3010

内容説明

フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが一九九九年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。

目次

第1章 模倣なんかこわくない(模倣する狼からバーチャルの狼へ;プラトン1―「する」から「あたかも~のようにする」へ ほか)
第2章 ミメーシス―模倣する、装う、表象する、認識する(古くからの混乱について;ミメティスム ほか)
第3章 フィクション(模倣、まやかし、偽装、フィクション;フィクションの系統発生―共有された遊戯的偽装について ほか)
第4章 いくつかのフィクション装置について(遊戯、夢想、芸術;没入の媒介と態度 ほか)

著者等紹介

シェフェール,ジャン=マリー[シェフェール,ジャンマリー] [Schaeffer,Jean‐Marie]
1952年生まれ。フランス国立科学研究センター研究ディレクター、社会科学高等研究院研究ディレクター。専門は美学、芸術理論

久保昭博[クボアキヒロ]
1973年生まれ。関西学院大学教授。東京大学大学院総合文化研究科満期退学。パリ第三大学博士課程修了、文学博士。専門は文学理論、フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学の観点から、フィクション形式を分析し、フィクションを「心的能力」としてとらえなおす。なぜ人はフィクションを楽しみ、忌避するのか



 フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが一九九九年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。

 「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。

 物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。

 序論



第一章 模倣なんかこわくない



 1 模倣する狼からバーチャルの狼へ

 2 プラトン?――「する」から「あたかも?のようにする」へ

 3 プラトンII――模倣することと認識すること

 4 遊戯的模倣の二つの系譜

 5 プラトン、それでもなお





第二章 ミメーシス――模倣する、装う、表象する、認識する



 1 古くからの混乱について

 2 ミメティスム

 3 類似から模倣へ

 4 模倣から偽装へ

 5 表象からミメーシス的表象へ

 6 認識手段としてのミメーシス

 



第三章 フィクション 



 1 模倣、まやかし、偽装、フィクション

 2 フィクションの系統発生――共有された遊戯的偽装について

 3 フィクション能力の個体発生――ミメーシス的自己刺激について

 4 フィクション的没入

 5 フィクション的モデル化――フィクションと指示





第四章 いくつかのフィクション装置について



 1 遊戯、夢想、芸術

 2 没入の媒介と態度

 3 フィクション物語(レシ)

 4 演劇フィクション

 5 視覚表象とフィクション

 6 映画 

 7 デジタルフィクション



結論





 註

 訳者解説

 参考文献

 索引

ジャン=マリー・シェフェール[ジャンマリー シェフェール]
著・文・その他

久保 昭博[クボ アキヒロ]
編集/翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件