レポート・論文の書き方入門 (第4版)

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

レポート・論文の書き方入門 (第4版)

  • ウェブストアに71冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 121p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766425277
  • NDC分類 816.5
  • Cコード C2000

内容説明

初版以来、支持され続けてきたベスト&ロングセラーを約15年ぶりに改訂。「テキスト批評という練習法」の解説を充実させ、注の形式に関する説明を整理・更新、参考文献とその解題も一新したほか、著者の講義経験に基づき記述内容もアップデートしました。好評を博した明快な語り口調やコンパクトにまとまった構成はそのままに、より理解しやすく使いやすくなった、初心者にベストの1冊です。

目次

1章 大学での勉強とレポート・論文の書き方―はじめてレポートを書く人のために(本書の目的と特徴;大学の教育とレポート・論文の書き方;レポート・論文の有用性;本書の構成)
2章 テキスト批評という練習法(テキスト批評とは何か?;なぜ本(テキスト)を読むのか?
テキスト批評の仕方
テキスト批評の効果)
3章 論文の要件と構成(論文とは何か?;レポートとは何か?;レポートを書く際の注意;論文の構成部分とその順序;各部分で何を書くか?;その他の構成方法)
4章 テーマ・問題の設定、本文の組み立て方(テーマ・問題の設定;本文の組み立て方)
5章 注、引用、文献表のつけ方(注のつけ方;注記号(番号)と注欄のつけ方
引用の仕方
注欄における
文献表の作り方
欧文略号・略記一覧)

著者等紹介

河野哲也[コウノテツヤ]
1985年、慶應義塾大学文学部哲学科卒。Universit´e Catholique de Louvain(ベルギー)留学。博士(哲学)。国立特殊教育総合研究所特別研究員、玉川大学文学部助教授を経て、立教大学文学部教授。専門は哲学・倫理学。大学導入教育や表現教育の研究も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「テキスト批評」の解説の充実、「指定文字数と内容との関係」への補足説明や注の形式に関する説明の更新などの改良を加えた決定版。▼当社最大のベスト&ロングセラーを約15年ぶりに改訂!

▼高い評価を得ている明快さ・簡潔さはそのままに、解説と情報をリバイズ。

▼大学での初年次教育、新社会人教育にオススメ!



累計発行部数20万部を超える当社最大のベスト・ロングセラーを、2002年の第3版刊行以来、約15年ぶりに改訂。

好評を博した明快な語り口調やコンパクトにまとまった構成はそのままに、「テキスト批評」の解説の充実、「(レポート等の)指定文字数と内容との関係」への補足説明や、注の形式に関する説明の更新、参考文献とその解説の刷新など、より理解しやすく使いやすくなるための改良を加えた決定版。

1章 大学での勉強とレポート・論文の書き方

   ―はじめてレポートを書く人のために―

2章 テキスト批評という練習法

3章 論文の要件と構成

4章 テーマ・問題の設定、本文の組み立て方

5章 注、引用、文献表のつけ方



付録1 「見本レポート」

付録2 接続語・接続表現による文の論理的結合

付録3 インターネットの利用法

参考文献



あとがき

河野 哲也[コウノ テツヤ]
著・文・その他