思考を鍛えるレポート・論文作成法 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766421071
  • NDC分類 816.5
  • Cコード C2000

出版社内容情報

大好評の初版をベースに構成とレイアウトを刷新し、ますます使いやすくなった第2版。

▼本物の「書く力」「考える力」を身につける

▼「書いては考える」のサイクルを意識できる、まったく新しいタイプのライティング指南書。
▼大好評の初版をベースに構成とレイアウトを刷新し、ますます使いやすくなった第2版。
▼初学者向けレポート・論文作成ガイドの決定版!


〈本書の特徴〉
●わかりやすい5ステップで、作成プロセスを解説
●初めての人でも、フォーマットを用いてスラスラ書ける
●大切なポイントが、図解で素早く理解できる
●何を、どう検索し、引用したらよいかがわかる
●携帯やスマホなど、身近な例を用いてわかりやすく解説

はじめに
本書の使い方

第1章 レポート・論文を書く前に
 1 レポートとは何か、論文とは何か
  ・ 作文とは違う!
  ・ レポートと論文を区別する
  ・ ルールを学べば、書ける
 2 まずは段取り、ゴールまで見通す
  ・ お料理と似ている
  ・ 「見通し」と「見切り」をつける
 3 書くことで思考が深まる
  ・ 悩み、苦労して書く経験は貴重
  ・ 日本語で思考を鍛える
 コラム よりよく書くためのメタ認知

第2章 説得力のあるレポート・論文を書くために
 1 思考を組み立てる
 2 問いを立て、証拠を示す
 3 批判的に検討する
  ・ 批判的な視点を持つ
  ・ 一方的な意見ではダメ
  ・ 意見の根拠や判断基準を示す
 コラム 自分の言葉と他者の言葉を区別しよう
     ―コピペは<ruby>剽<rt>ひょう</rt></ruby><ruby>窃<rt>せつ</rt></ruby>(=ドロボウ)

第3章 レポートを書く
 1 レポートの型を見極める
 2 レポートのイメージをつかむ
 3 レポート作成の5ステップ
  ステップ1 論点を見出す
   ・ 課題を理解する
   ・ 思考を整理する
  ステップ2 調べる:最新の情報を収集する
   ・図書館の機能を最大限に活用しよう
   ・ 情報収集の手順
   ・ 情報収集で大切なこと
   ・ 情報を精選するために必要な3つの力
  ステップ3 組み立てる
   ・ 主題文を書く
   ・アウトラインを作成する
  ステップ4 執筆する
   ・ ページ設定を行う
   ・ フォーマットを用いて執筆する
  ステップ5 点検する
   ・ すべてのレポート・論文に共通するチェックポイント
   ・ レポートの類型別チェックポイント
 コラム 書くための「読む力」

第4章 論文を書く
 1 論文を書く前の心構え
 2 論文の型と研究方法
  ・ 仮説<ruby>検<rt>・</rt></ruby><ruby>証<rt>・</rt></ruby>型論文と仮説<ruby>論<rt>・</rt></ruby><ruby>証<rt>・</rt></ruby>型論文
  ・ 論文の型による引用法の違い
    ―俯瞰する力をつけよう
 3 論文作成の5ステップ
  ステップ1 テーマを決める
   ・ テーマ探しには時間がかかる
   ・ よいテーマとは?
  ステップ2 調べる:体系的な情報を収集する
   ・ 情報検索の方法
   ・ 情報検索の3つの手順
  ステップ3 組み立てる
   ・ 主題文を書く
   ・ アウトラインを作成する
  ステップ4 執筆する
   ・ 論文の執筆規定、投稿規定
   ・ 序論、本論、結論の執筆
  ステップ5 点検する
 コラム 卒業論文、修士論文に取り組む意味

第5章 レポート・論文の作法を学ぶ
 1 題名のつけ方
 2 定義の仕方
  ・ 定義する必要がある概念
  ・ 定義するうえでの留意点
 3 引用の仕方
  ・ なぜ引用する必要があるのか
  ・ 引用の種類と方法
  ・ 出典の示し方
  ・ 注のつけ方
  ・ 文献リストの文末記載方法
 4 パラグラフの書き方
  ・ パラグラフとは
  ・ 書き方の基本
  ・ 日本語と英語のパラグラフの違い
  ・ パラグラフの構造と連結
 5 事実と意見を区別する
 6 わかりやすい文章を書くために
 コラム 先行研究を誠実に引用しよう
  
第6章 プレゼンテーションを成功させる
 1 プレゼンテーションのポイント
  ・ プレゼンテーションのための準備
  ・ 成功させるためのポイント
 2 スライドの作成
 3 配布資料の作成

付 録
 1 論証型レポートの例
 2 文献研究による仮説論証型論文の例
 3 実証研究による仮説検証型レポート・論文の例
 4 調査や実験を実施する際の「研究倫理」について
 5 自己点検評価シートでチェックしよう
 6 参考となる文献の紹介
 7 図表一覧

あとがき

【著者紹介】
井下 千以子
桜美林大学心理・教育学系教授
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科非常勤講師
慶應義塾大学国際センター非常勤講師

1957年福島県生まれ。日本女子大学大学院人間発達学専攻修了。学術博士。京都大学大学院教育学研究科非常勤講師などを経て現職。専門は、教育心理学、生涯発達心理学、大学教育研究。2005年大学教育学会奨励賞受賞。
主な業績:『大学における書く力考える力―認知心理学の知見をもとに』(東信堂, 2008年)、『大学における「学びの転換」と言語・思考・表現』(共著, 東北大学出版会, 2009年)、『大学における「学びの転換」と学士課程教育の将来』(共著, 東北 大学出版会, 2010年)、『初年次教育の現状と未来』(共著, 世界思想社, 2013年)、『思考を育てる看護記録教育』(共著, 日本看護協会出版会, 2004年)、「思考を育てる介護記録を 目指して―高度専門職に求められる書く力とキャリア開発」(『介護福祉』2011年)ほか。

内容説明

初歩から応用まで、本物の「書く力」「考える力」を身につける!

目次

第1章 レポート・論文を書く前に
第2章 説得力のあるレポート・論文を書くために
第3章 レポートを書く
第4章 論文を書く
第5章 レポート・論文の作法を学ぶ
第6章 プレゼンテーションを成功させる
付録

著者等紹介

井下千以子[イノシタチイコ]
桜美林大学心理・教育学系教授、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科非常勤講師、慶應義塾大学国際センター非常勤講師。1957年福島県生まれ。日本女子大学大学院人間発達学専攻修了。学術博士。京都大学大学院教育学研究科非常勤講師などを経て現職。専門は、教育心理学、生涯発達心理学、大学教育研究。2005年大学教育学会奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らっそ

6
今年もレポートを書く機会があるようなのでじっくり読む2018/04/17

sasaki

2
これもわかりやすい!すぐ読める。2014/10/07

すべてうまくいっている

1
こんな方法でレポートを書いてみよう。2018/05/29

MasakiZACKY

1
薄い本だけど、大事なことがぎゅっと、分かりやすく。2015/01/21

1
 教授に任され学部生に実験を教えているが、実験後に提出してくるレポートが全くなっていない。図表一つとっても「通し番号をつける」「タイトルの位置は、図は下、表は上」「本文中から呼び出す」と様々なルールがある。  しかし、自身を顧みると、レポートはかなりの量を書いたにせよ論文は卒業論文の一本だけなので、あまり偉そうなことは言えない。  とは言え、言うべきは言わねばならんで、この本を読んで知識を補った。  本書は非常に薄い(約150P)割にルールだけでなく実例やルーブリックなど盛り沢山で、必携書にしても良い程。2014/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7858583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。