被爆者調査を読む―ヒロシマ・ナガサキの継承

個数:

被爆者調査を読む―ヒロシマ・ナガサキの継承

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 20時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766419566
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C3036

内容説明

戦後行われた数多くの被爆者調査。それは、原爆被害を表す資料であり、戦後社会調査史の史料でもある。被爆者の高齢化と、調査に携わってきた研究者の高齢化が同時に進むいま、歴史に埋もれ忘れ去られたこれらの調査を読みなおし、被爆者調査の、ひいては被爆体験の世代間継承に挑む。

目次

第1章 戦後被爆者調査の社会調査史
第2章 中鉢正美「生活構造論」の展開と二つの「被爆者生活史調査」
第3章 「長崎」をめぐる記憶の回路―「企業と原爆」調査の検討を中心に
第4章 爆心地復元調査が描いたコミュニティ―湯崎稔と集団参与評価法
第5章 慰霊行為としての原爆被災復元調査―長崎市民・行政による爆心地復元調査活動のはじまりとその展開
第6章 原爆問題と被爆者の人生に関する研究の可能性―R.J.リフトンのヒロシマ研究とそれに対するさまざまな反応をめぐって
第7章 広島修道大学「被爆体験」調査における「生者と死者」―死者と向き合う二つのあり方
第8章 被爆体験をめぐる調査表現とポジショナリティ―なんのために、どのように表現するのか
結びにかえて 「われわれはすべてヒロシマの生存者である」

著者等紹介

浜日出夫[ハマヒデオ]
慶應義塾大学文学部教授。1954年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程中途退学

有末賢[アリスエケン]
慶應義塾大学法学部教授。1953年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)

竹村英樹[タケムラヒデキ]
慶應義塾大学教職課程センター准教授。1963年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件