名誉としての議席―近世イングランドの議会と統治構造

個数:
電子版価格 ¥4,620
  • 電書あり

名誉としての議席―近世イングランドの議会と統治構造

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時12分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 353,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766418330
  • NDC分類 314.33
  • Cコード C3022

内容説明

議会制度の母国に、議会は民意を代表せず、候補者は議席の獲得だけを目指す時代があった―。16世紀エリザベス治世期における議会の儀礼的側面、議事手続の実態、議員と選挙区の関係を、一次資料から追究。国王の表象戦略や、パトロネジ・ネットワークの分析から、新たに勃興した有力階層=ジェントリと中央政府との関わりを捉え、「名誉としての議席」の争奪が国制に組み込まれた、テューダー朝期独自の統治構造を明らかにする実証的研究。近代と革命のアナクロニズムに捉われた研究史を批判的に乗り越え、イングランド議会史の再構築を目指す気鋭の力作。

目次

序章 テューダー朝期イングランドの統治機構と政治社会
第1章 近世イングランド議会史研究の現状と課題
第2章 議会儀礼
第3章 下院の議事手続
第4章 下院議席の創設
第5章 議員と選挙区との関係
終章 近世イングランド議会史の再構築に向けて
補遺1 ジョン・フッカー『イングランド議会運営のための議事規則と慣行』試訳
補遺2 W・ランバード『下院の議事手続および特権に関する覚え書き』試訳

著者等紹介

仲丸英起[ナカマルヒデキ]
1978年生まれ。2009年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻西洋史学分野後期博士課程単位取得退学。博士(史学)。現在、慶應義塾大学文学部・東京国際大学経済学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。