人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践

個数:

人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月19日 02時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 503p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766417746
  • NDC分類 021.4
  • Cコード C1000

内容説明

「本」の信頼性をどう回復するのか―欧米では、ここ数十年、デジタル化をめぐる重要課題として、テキストの品質管理のためのさまざまな試みが繰り返されている。世界最大規模の人文学系学会MLA(米国現代語学文学協会)を中心に積み重ねられてきた議論や実践の成果を、その過程で構築されたガイドラインも含めて紹介する本書は、日本の読者に、私たちの社会における「本」の未来を、真剣に長期的に展望する視座を提供する。

目次

第1部 典拠資料と方針(デジタルの地平での編集;『カンタベリー物語』をはじめとする中世テキスト;記録資料の編集;詩とネットワーク―詩を電子編集する;戯曲のケーススタディ―『ケンブリッジ版ベン・ジョンソン作品集』 ほか)
第2部 実践と手順(手稿と印刷典拠資料から機械可読テキストを作る効果的な方法;転写のレベル;編集におけるデジタル・ファクシミリ;電子版の真正性認証;文書管理とファイル命名 ほか)
補遺 ガイドライン

著者等紹介

バーナード,ルー[バーナード,ルー][Burnard,Lou]
オクスフォード大学コンピューティング・サービス所長補佐

オキーフ,キャサリン・オブライエン[オキーフ,キャサリンオブライエン][O’Keeffe,Katherine O’Brien]
ノートルダム大学教授(英文学)

アンスワース,ジョン[アンスワース,ジョン][Unsworth,John]
イリノイ大学大学院教授(図書館情報学)

明星聖子[ミョウジョウキヨコ]
埼玉大学教養学部教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)

神崎正英[カンザキマサヒデ]
ゼノン・リミテッド・パートナーズ代表。京都大学文学部卒業。コロンビア大学でMBA取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。