占領下日本の学校図書館改革―アメリカの学校図書館の受容

個数:

占領下日本の学校図書館改革―アメリカの学校図書館の受容

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年07月27日 04時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 394p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766416060
  • NDC分類 017.021

内容説明

学校図書館の現状と寄せられる期待。その理想と現実のギャップは、どこに要因があるのか。日本の学校図書館が制度化をみた戦後初期の学校図書館改革期を振り返り、その理念形成の経過と内容を分析する。

目次

第1章 学校図書館改革の基盤形成:1945‐47
第2章 学校図書館改革の具体的着手:1947
第3章 「学校図書館(室)運営の手引」編修委員会の設置とその活動:1947‐48
第4章 『学校図書館の手引』の構成と記述:アメリカと日本の影響要因に注目して
第5章 学校図書館協議会の設置とその活動:1948‐49
第6章 学校図書館基準の策定:アメリカと日本の影響要因に注目して
補論 日本の学校図書館論形成の一断面―滑川道夫の読書指導論の形成:戦前から戦後へ

著者紹介

中村百合子[ナカムラユリコ]
同志社大学社会学部教育文化学科専任講師。博士(教育学)(東京大学)。1997年東京学芸大学大学院教育学研究科修了、1999年University of Hawaii at Manoa修了(Master of Library and Information Science)、2003年東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

学校図書館の現状とそこに寄せられる期待。その理想と現実のギャップは、どこに要因があるのか。日本の学校図書館が制度化をみた戦後初期の学校図書館改革期を振り返り、その理念形成の経緯と経過、内容を分析する。