日韓共同研究叢書<br> 東アジアの中の日韓交流

個数:

日韓共同研究叢書
東アジアの中の日韓交流

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月19日 18時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766413434
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C3336

内容説明

日韓交流が東アジア・ネットワーク形成に果たした役割を、文化・産業・経済・政治の諸分野から検討し、今後のあるべき姿を探る。

目次

第1部 東アジアの重なり合う意味空間(「東アジアの平和共同体」―冷戦後期における日韓関係の「重なり合う意味空間」;東アジア大衆文化ネットワークと日韓文化交流;日韓文化交流と東アジア文化ネットワークの構築)
第2部 日韓文化交流にみる自他認識(韓国の大衆文化に現れた日本人・日本―韓国の商業映画を中心に;対日認識のずれ―情報交流を中心に)
第3部 東アジアの歴史的パースペクティブ(一九一〇‐一九二〇年代の中国東北部(旧満洲)における水田開発―水稲文化の展開から見た日本・朝鮮・中国の関係
二〇世紀初頭における大阪雑貨品輸出と韓国
医療・衛生事業の制度化と近代化―「植民地近代性」への試論 ほか)

著者等紹介

濱下武志[ハマシタタケシ]
龍谷大学国際文化学部教授。1943年生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒。文学修士(東京大学)。専門は、東アジア地域史、中国近現代史、華僑史。一橋大学経済学部講師・助教授、東京大学東洋文化研究所助教授・教授、京都大学東南アジア研究センター教授などを経て、2006年より現職

崔章集[サイショウシュウ]
高麗大学校政治外交学科教授。1943年生まれ。高麗大学校政治外交学科卒。政治学博士(シカゴ大学)。専門は、比較政治、民主主義、政党。大統領諮問政策企画委員会委員長、高麗大学校亜細亜問題研究所所長(現)などを務める。1983年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。