’80s(エイティーズ)ガーリーデザインコレクション

個数:

’80s(エイティーズ)ガーリーデザインコレクション

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2022年08月10日 15時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766130003
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0076

内容説明

可愛さは永遠!懐かしの昭和ファンシーグッズ&キャラ1341点収録!!ゆかしなもんのお宝大公開。

目次

キャラクター編(レッツチャット;バイキンクン;タイニーキャンディ;オット・トット;ロンリーリトルフォックス ほか)
アイテム編(メモ帳;ノート;鉛筆;消しゴム;缶ペンケース ほか)

著者等紹介

ゆかしなもん[ユカシナモン]
1975年生まれ。1970~80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」所長。2010年より同名のブログをスタート。2012年と2014年に自身のコレクションから選りすぐりのアイテムを展示したイベント「ゆかしなEXPO」開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ままこ🌿

87
ファンシーショップ花盛りだった80年代。時代を感じる懐かしのファンシーグッズがずらり。キャラクターは知ってたけど、こんな名前だったんだというのも結構あった。解説で多用される“かわゆい”も80年代の香りがする。観光地メルヘンしおり持ってたなぁ。「うちのタマ知りませんか?」流行ってた!ミスドのイメージが強いオサムグッズは今見てもポップで可愛いな。2020/07/20

bianca

44
こちらも昭和大好きな読友さんより貸してもらった。もう何度も何度も見返してしまう。80年代はファンシーの宝庫で、何故こんなものまでキャラクター化?と不思議なのもザクザク(“さてんのに~ちゃん”とか…)あの頃はせっせと文房具集めに熱中していて、結構多くのキャラを持っていたと記憶している。中でも“レモンヴィレッジ”“オサムグッズ”“ザ・ボードビルデュオ”“ロンリー・リトル・フォックス”なんかが好きだった…というか、この本でそういう名前だったのね、と初めて知ったりして。文房具大好きな昭和生まれの方には是非おススメ2017/05/13

真香

33
図書館本。アラフォー世代以上の方達は、懐かしさのあまり感涙にむせびそうな、昭和後期に流行ったファンシーグッズの数々。私もアラフォー世代なので、こんなキャラいたねー!なモノや、これ同じグッズ持ってたー!なモノが結構あって、一気にあの頃へタイムスリップ。んー、今見てもやっぱり可愛いなぁ。サンリオが好きだったのはもちろん、オサムグッズはミスドの景品で集めてたっけ。数年前から80年代テイストのものがキテるし、この世代から外れてる若い方が読んでも楽しめるかも。ビバ80年代!!2019/01/09

なっき〜

25
いわゆる『昭和』の雑貨と文具。でも、『'80sガーリーデザイン』と言われると、なるほど~と思う。こういうPOPなデザインなものは最近見かけないし、80年代特有だなと感じる。ちょっと笑ったのは、『うちのタマ知りませんか?』に『ポチもさがしてください』という続編?があった事。文具なのにストーリーがあるのは、人気のシリーズだった証拠。新作が出ると、皆こぞって買ってたんだなぁと懐かしく思った。授業中にメモを回して貰ったり、靴箱経由で手紙をやり取りしたり・・昭和の文化だなぁ。レターセットも必需品だった。懐かしい。2019/09/07

りりす

18
頁を捲るたび、「かぁわ〜い〜〜い!」の感嘆がとまりません!世界観を大切にするなら「かわゆい♡」と言いたいところ…。自分が持っていたというより、母が持っていて私に紙石鹸やらノートやらを使わせてくれた記憶が。絆創膏もよく覚えてます。世代は違うけど、自分を育ててくれた母やご近所の大人たちから伝わる昭和ガーリーの残り香が私に入り込み、自分自身の世代ドンピシャの懐かしいと相まって、一冊丸々、不思議な気持ちにどっぷりでした。メルヘン栞のひとめで虜の可愛さに、誰か私にメルヘン栞を〜〜!と転げ回りたいほど。もはや麻薬ね!2019/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11579244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。