KNIT MANIAX
旅して出会ったエストニアのアメイジングニット

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784766127676
  • NDC分類 594.3
  • Cコード C2077

内容説明

エストニアは、バルト三国の北に位置する小さな国。地域ごとに大切に受け継がれる伝統的な手仕事がいまもたくさん息づいています。なかでも編み物は華やかでかわいい編み込み模様や独特なテクニックや色使いなど、エストニアならではのものに各地で出会うことができます。そんな素敵なニットの国の魅力にはまり、通い続けるなかでマスターした12+αのテクニックとそれらを応用した作品をご紹介します。

目次

MUHU ISLAND
SAAREMAA ISLAND
KIHNU ISLAND
HAAPSALU
VILJANDI
V¨ARSKA
HOW TO KNIT
BASIC TECHNIQUE

著者等紹介

林ことみ[ハヤシコトミ]
ニット、刺繍、ソーイングなどのデザインと同時にハンドメイド本の企画・編集も手がける手芸ジャーナリスト。2000年からは毎年夏に開催される「北欧ニットシンポジウム」に参加し、シンポジウムで出会った楽しい編み方や珍しいテクニックをテーマとしたニット本を刊行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふわりん

5
数年前林ことみさんのビーズの編み込みの本を買ってから気になってて、今回図書館の新刊にこれがあったんで予約してみた。綺麗な模様編みがたくさん、こんなんが編めたら良いなぁ♪とどのページも食い入るように見入ってしまった。発色の良い綺麗色の毛糸ばかりを使ってあり、色の組み合わせもステキ♪最後に少しかぎ針編みがあり、林ことみさんにしては易しい編み方なんで私でもこのショールやスカートなら編めそうだなぁ。2016/10/02

渡"邉恵'里'

1
2015年刊行。エストニアの各地を訪れて、実際に見て、体験して覚えたユニークなニットの技術と作品を紹介する手芸本。編み物の実用書だが、旅のエッセイとして眺めても楽しい。複雑そうに見えるものでも意外と簡単な技法の応用だったりするところが驚きだ。個性豊かで色とりどりの靴下や小物類が楽しい。手編みの靴下が修理されて干されている様子や、生活の中でレースが違和感なく溶け込んでいる様子など、見ているだけで素敵な気分になれる。既製品のニットと違ったぬくもりや存在感もあり、こんな風にじっくり手作りできたら人生が豊かになる2022/02/25

しまめじ

0
これ見たのに感想書いてなかった。外国のニッターの色の合わせのセンスってホントに全然違うので、見てるとすごい面白い。ちょっと面白いテクニックもあるし。棒針でかぎ針みたいな編み地を作ろうとする動きは、かぎ針で棒針みたいな編み地を作ろうとするのと同じなのかもな~。意外と最近寄ってるのかも。2017/02/01

メイカ

0
図書館本 ワクワクのワクだ~!!!!!編めるかな‥編みたいナ‥2019/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9867215

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。