苦悩することの希望―専門家のサファリングの人類学

個数:
  • ポイントキャンペーン

苦悩することの希望―専門家のサファリングの人類学

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 284p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784763960238
  • NDC分類 498.14
  • Cコード C3047

内容説明

「苦しみ」の理由を問い直すために。医療人類学からの提言。医療・保健・福祉に従事する人へ向けて。

目次

医療専門家の苦悩をいかに解き明かすか?
第1部 サファリングとケアの理論(ケアはいつケアとなるか―原サファリングと二次サファリング;生活の場からの発想―医療システムと生活知)
第2部 苦悩するケアの現場から:専門家としての実践を通して(医師の役割意識と苦悩;理学療法士のサファリング―専門家と生活者とのはざまで;「かかわりの専門職」の体験する苦悩と可能性)
第3部 苦悩するケアの現場へ:人類学・社会学の目を通して(「ご遺体」は最初の患者である;葬儀業の仕事にみる専門家のケアとサファリング―死と葬儀をめぐる職業的機制の観察から;現代の対人援助専門職のサファリング―多職種連携のインターフェースに着目して;「適度な距離」の模索―医療専門家のサファリングの創造性)