子どもへのワクチン接種を考える―臨床現場でいま、何が起こっているのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもへのワクチン接種を考える―臨床現場でいま、何が起こっているのか

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2022年06月25日 13時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 128p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763420114
  • NDC分類 493.87
  • Cコード C0047

出版社内容情報

十分な治験を経ておらず、将来への影響もわからない新型ワクチンを、本当に子どもにまで接種してよいのか?

●1回目、2回目のワクチン接種が始まったころから、帯状疱疹が急に増え始めた。
●3回目のワクチンを打ってから、急に体調を崩す方が増えている。
●進行がんが見つかる人が、立て続けに出てきた。
●ワクチンを打った人の「5~10歳急に歳をとったようだ」との声。
●ブースター接種を打てば打つほど、コロナに感染しやすくなっている。
●子どもはコロナにかかっても重症化しないし、ワクチンを打つと免疫力が落ちる。

立ち上がった医師たちの緊急提言!

内容説明

十分な治験を経ておらず、将来への影響もわからない新型ワクチンを、本当に子どもにまで接種してよいのか?立ち上がった医師たちの緊急提言!

目次

1 臨床の現場で何が起こっているのか(ワクチン接種開始後に増えた症例;3回目接種以降の急変;コロナワクチン、そもそもの危険性;新型コロナ感染症患者の実際)
2 医師を取り巻く環境と医学界の体質(ワクチンそのものへの理解がない;医師がものを言えない構造;ガイドラインを過剰に重視する医師)
3 子どもへのワクチン接種は何が問題か(「有志医師の会」の立ち上げ;「有志の会」の広がり;子どもへのワクチン接種の中止に向けて;「オセロプロジェクト」)
4 コロナワクチンの中長期的な影響(ワクチン接種で免疫が低下する;スパイク蛋白による健康被害;自己免疫疾患;国も認めた心筋炎のリスク;心の問題で片付けられてしまう)
5 被害者救済とこれから(手探りのワクチン後遺症治療;国の責任とは;超過死亡は何を物語るのか;マスコミの責任を問う;陰謀論というレッテル貼り;人間本来の回復力を信じる)

著者等紹介

藤沢明徳[フジサワアキノリ]
1966年生まれ。北海道札幌市出身。京都大学工学部原子核工学科中退、京都府立医科大学卒。京都南病院、本別町国民健康保険病院、同院副院長を経て、2012年10月、ほんべつ循環器内科クリニック開設。2021年11月、北海道有志医師の会設立に参加。2022年2月、全国有志医師の会設立に参画。日本内科学会認定内科医

鳥集徹[トリダマリトオル]
1966年生まれ。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒。同大学院文学研究科修士課程修了(新聞学)。2004年からジャーナリストとして、医療を中心に取材活動を開始。『週刊文春』『文藝春秋』『女性セブン』等に記事を寄稿してきた。著書『新薬の罠』(文藝春秋社)で第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。『コロナ自粛の大罪』『新型コロナワクチン 誰も言えなかった「真実」』『医療ムラの不都合な真実』(いずれも宝島社新書)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

24
タイトル通り、こどもへの新型コロナワクチン接種判断の是非について解説された一冊。著者の1人が実際に臨床に携わっている先生の話なのでリアリティがあり、実際に臨床現場で起きている事を通して、新型コロナワクチンの副反応周りの最新情報が語られる。ワクチン接種から1年以上経過したので、接種後に免疫力がどうなるかの問題や、ブレイクスルー感染の多発など、全貌がようやく明らかになってきた感じはする。子供へのワクチン接種の是非に悩んでいる人にオススメの一冊。2022/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19817481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。