ほんとうの教育をとりもどす―生きる力をはぐくむ授業への挑戦

個数:

ほんとうの教育をとりもどす―生きる力をはぐくむ授業への挑戦

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月15日 15時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763410726
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C0037

内容説明

誤解され、骨抜きにされた「ゆとり教育」。全国学力テストに代表される点数至上主義に流されず、本当の意味で子どもたちを成長させる授業を追い求める、教師たちの実践。

目次

第1章 「自ら学ぶ力」のために―犬山市の教育改革(教育長刷新と新ポスト;「ゆとり教育」の衝撃 ほか)
第2章 「総合的な学習の時間」をめぐって―長野小学校に受け継がれる意志(ある新しい試み;最新の心理学に基づく教育理論 ほか)
第3章 終わりなき模索―伊那小の総合学習・総合活動(公立小での「本来の教育」の実践;通知表を廃止 ほか)
第4章 学習塾の手法導入と山村留学―北相木小学校の学校づくり(疑問からのスタート;「メシが食える大人を育てる」とは? ほか)
第5章 そこに、教員の情熱はあるか―東京都杉並区と佐賀県武雄市(学校と学習塾の関係;全国学力テストと点数至上主義 ほか)

著者等紹介

前屋毅[マエヤツヨシ]
フリージャーナリスト。1954年、鹿児島県生まれ。法政大学第二社会学部卒業。立花隆氏や田原総一朗氏の取材スタッフ、『週刊ポスト』記者を経てフリーに。経済、社会、教育の問題をテーマに取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。