「月5日営業」で1億かせぐ働き方

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

「月5日営業」で1億かせぐ働き方

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年06月01日 02時52分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763138217
  • NDC分類 673.3
  • Cコード C0030

内容説明

テニス、野球、ゴルフ、陸上、釣り、料理、酒、歌、楽器…。やりたいことを突き詰めるだけで、勝手に客が集まってくる、究極の営業法。大学野球部の監督をやりながら、13年連続トップ営業マンであり続けた、驚異の“次世代型ワークスタイル”とは?

目次

プロローグ “やりたい仕事”は探さなくていい
月5日営業のための「その1」 1億手にする“基礎体力”を身につける
月5日営業のための「その2」 “なりたい自分応援シート”で動き出す
月5日営業のための「その3」 “お客さん”の概念を根底からひっくり返す
月5日営業のための「その4」 “好き”を極めて働く時間を大きく減らす
月5日営業のための「その5」究極の到達ゴールは一人一人違う
エピローグ 人生を輝かせるのは難しくない

著者等紹介

辻盛英一[ツジモリエイイチ]
1976年、奈良市生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、住友銀行(当時)を経て、アリコジャパン(現メットライフ生命)に入社。銀行、保険ともに数々のタイトルを獲得。営業成績13年間連続トップの記録を打ち立てる。その手腕が注目され、社内外からその営業手法を学びたいと人々が訪ねてくるようになる。2018年に独立し、法人専門の保険代理店・株式会社ライフメトリクスを設立。その傍ら、営業マン向けの研修セミナーを主催。多くの営業マンの成功を手助けしている。同時に母校の市大野球部の監督をつとめ、週に6日は野球部の練習があるため、実質的に「月4~5日」程度の労働時間で回している。野球部の成績も、2017年に24年ぶりの優勝へ導き、2018年は2位にとどまったが2019年に再び優勝している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

好きなこと、やりたいことを突き詰めるだけで、
勝手にお客様が集まってくる、究極の営業法。

大学野球部の監督をやりながら、13年連続トップ営業マンであり続けた著者がたどり着いた、驚異の“次世代型ワークスタイル”とは?

だれでも心の底に、子どもの頃なりたかった夢というものがあるでしょう。いつしかその夢をあきらめ、忘れ去ってしまった、という人が多いかもしれません。

でも、そもそもなぜその夢を抱いたのか、突き詰めて考えたことがありますか?
本書では、夢の後ろに隠れている、あなたのほんとうの欲望を探り出すことで、それを仕事に生かし、これからの人生を輝かせる方法を明かします。

そのために必要不可欠となるのが、「月に5日」という働き方。
やりたいことに夢中になって取り組んでいると、オン(黒)とオフ(白)の境目が曖昧(グレー)になっていき、いつしかオフ(白)ばかりになる、というイメージです。
同時に、年収のほうはオン(黒)の日と反比例するようにどんどん増えていく、という好循環が生まれます。

また、「月5日営業」というのは、営業マンだけに通用する販売テクニックではありません。その考え方とやり方を身につければ、誰でもどんな仕事でも、必要最低限の日数だけ働き、自分が望む成果を手に入れることができるようになります。

本書は、次のように設計されています。
・月5日営業のための「その1」をクリアすれば → 年収500万円
・月5日営業のための「その2」をクリアすれば → 年収1000万円
・月5日営業のための「その3」をクリアすれば → 年収2000万円
・月5日営業のための「その4」をクリアすれば → 年収3000万円
・月5日営業のための「その5」をクリアすれば → 年収1億円以上無限大

この数字は、著者が主催する「月5日で成果を上げるための研修セミナー」参加者の実例をもとに割り出されています。
究極のワークライフバランスを体現した、次世代型の働き方がここにあるのです。