スタンフォード式最高の睡眠

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

スタンフォード式最高の睡眠

  • ウェブストアに86冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763136015
  • NDC分類 498.36
  • Cコード C0030

内容説明

レムとノンレムは、「90分周期」じゃなかった!?最新の睡眠データ満載!科学的エビデンスに基づいた、睡眠本の超決定版!「世界最高」の呼び声高いスタンフォードの睡眠研究。そのトップを務める世界的権威が明かす、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす超一流の眠り方。

目次

0章 「よく寝る」だけでパフォーマンスは上がらない
1章 なぜ人は「人生の3分の1」も眠るのか
2章 夜に秘められた「黄金の90分」の法則
3章 スタンフォード式最高の睡眠法
4章 超究極!熟眠をもたらすスタンフォード覚醒戦略
5章 「眠気」を制する者が人生を制す

著者等紹介

西野精治[ニシノセイジ]
スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNラボ)所長。医師、医学博士。1955年大阪府出身。1987年、当時在籍していた大阪医科大学大学院からスタンフォード大学医学部精神科睡眠研究所に留学。2005年にSCNラボの所長に就任。2016年4月より一般社団法人良質睡眠研究機構の代表理事に就任。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎北米支部同窓会会長も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

326
著者はスタンフォード大学で睡眠について研究している人なので、直前に読んだ『SLEEP』よりも、内容に説得力があるように感じた。かつ「ブルーライトは言うほど影響ない」「寝る時間帯や長さよりも、最初の90分が大事」など、睡眠に関する知識で知らないことが紹介されていたので、おもしろかった。さらに、「居眠りは困るけど、ぶっちゃけ会社で昼寝できる人なんていないでしょ?」と、読者の実情に即した率直な物言いも呼んでいて気持ちが良い。もやっとする部分もあるが、それだけ睡眠についてまだ未解明な部分が多いのだなぁと知った。2017/05/17

遥かなる想い

215
「あなたの睡眠をあなた史上最高にする」と いう言葉に惹かれて読了。 スタンフォード睡眠研究所の著者が 提示する 睡眠に関する 事実は 私には 新鮮で 面白い。人生の三分の一を占める 睡眠に 関する意識が変わった気がする…そんな読書 だった。2018/02/18

mura_STEPUP

208
眠れることに素直に感謝しよう。1963年にスタンフォード大学に作られた「スタンフォード睡眠研究所」。研究の成果の要約。「質」より「量」、入眠後の90分の睡眠の質を高める。スイッチを入れる。体温を下げるために風呂に入る?。炭酸泉のメリット。覚醒時にどう過ごせば良いか。あれ?この本の通り、無意識的にアラームは2つの時間にセットしていた。会議での睡魔に打ち勝つ法。効率的な睡眠を優先確保し、色々なことのできる時間を増やしたい。図書館本。2019/06/23

おしゃべりメガネ

201
書店で平積みされているのを見て、ずっと気になっていましたが、なかなか新な認識を持つことのできた1冊でした。睡眠に深いこだわりは以前まではなかったのですが、メンタル不調になってから考えざるを得ない状況になり、本書をじっくりと読ませていただきました。たくさん眠ることが全てにおいてベストではなく、やはり質が大切なようです。特に眠り始めの90分がとても重要らしく、90分サイクルもみんながみんな、そうではないとのことらしいです。一番ココロに響いたのは最後の一言『睡眠を犠牲にして働くのはやめておこう』が印象的でした。2017/10/20

mariya926

131
最近息子が夜に覚醒して寝たがらなく、私が朝や日中に眠い事が多いのでこの本を読んでみました。最初の90分が鍵なんですね。どれだけ深く眠れるか…。それと7時に起きる場合は6時40分と7時にアラームを設定すれば、レム睡眠で起きられるので目覚めが良くなることも取り入れたいです。後はそば穀枕もいいかも?今まで何冊か睡眠についての本を読んできましたが、この本は総まとめされています。取り敢えず私の生活に取り入れられるのは上の3つと昼寝は20分以内ですね。黄金の90分を寝るために息子を何とかせねば…。2019/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11520493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。