旅する小舟

個数:
  • ポイントキャンペーン

旅する小舟

  • 倉庫に在庫がございます(通常、注文翌々日~4日後に出荷)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆前日の在庫データを元にしているため、品切れの場合がございます。
    ◆表紙のご指定は承っておりません。
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 96p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784763021281
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

出版社内容情報

◎人気翻訳家の岸本佐知子大激賞の本書! 帯袖に本書の魅力紹介エッセイ掲載。
「初めてペーター・ヴァン・デン・エンデの絵を⾒たとき、『目が釘付けになる』ということは本当にあるのだと私は知った。」(本文書き下ろしエッセイより)
本書は人気翻訳家の岸本佐知子がいち早く発見・注目し、ショーン・タン作品と同じ編集者(本書編集担当)・田中優子とタッグを組み、本作を日本の皆様へお届けすべく奔走し刊行が決まりました。
★帯袖に書き下ろしで素敵なエッセイを書いていただきました。

◎ショーン・タン絶賛!
「すばらしく奇妙で、奇妙にすばらしい。ペーター・ヴァン・デン・エンデはこの『旅する小舟』で、壮大な夢物語を驚くべき細密さで描き出してみせた。」(本書帯コメントに掲載)

◎ブライアン・セルズニック(『ユゴーの不思議な発明』著者)も絶賛!
「ティム・バートンやサルバドール・ダリやジャック・クストーの血を脈々と受け継ぎ、ショーン・タンとエドワード・ゴーリーを両親にもつ水棲の子供・・・・・・とでも言えば、この本の素晴らしさを少しでも分かってもらえるだろうか。」

◎英語版、連続受賞!すでに世界12ヶ国で刊行中。
2019年にオランダで刊行後、2020年にはショーン・タンが推薦文を寄せた英語版も刊行。
ニューヨークタイムズとウォールストリートジャーナルのベストブックに選ばれ大きな話題となり、デビュー作ながら世界12カ国以上で刊行の注目作です。

◎装幀・デザインは人気のクラフト・エヴィング商會。
文字のない絵本だけに、僅かな文字部分を素敵にしたいと、こだわりのデザインで多くのファンを持つクラフト・エヴィング商會に装幀と扉等のデザインをご担当いただきました。

本書の主な仕様:
A4判変型(縦297×横225mm)、上製本カバー帯掛け、96頁、図版63点
定価(本体価格2,800円+税)2021年11月10日刊行

著者等紹介

ヴァン・デン・エンデ,ペーター[ヴァンデンエンデ,ペーター] [Van den Ende,Peter]
1985年、アントワープ生まれ。芸術が大好きな子ども時代に様々なデザイン技術を学んだ。のちに生物学も学び、ケイマン諸島で2年間、ネイチャーガイドとして働く。2019年、本書で鮮烈なデビューを果たし、2020年の“NYタイムズ”と“WSジャーナル”のベストブックに選ばれ、大きな話題になった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

225
2020年の〈ニューヨーク・タイムズ〉と〈WSジャーナル〉のベストブックということで読みました。シュールでモノクロでありながら、夢と冒険に溢れた大型絵本、一読の価値ありです。 https://www.kyuryudo.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000002035&search=&sort=2021/11/23

アキ

100
2020年ニューヨーク・タイムズ・ベストブック。岸本佐和子翻訳。圧倒的な想像力と単色の細密画。折り紙でできたような小舟が世界の海を旅するモノクロ絵本。海面下には独創的な生き物や珊瑚礁やチンアナゴ、擬人化された魚もいる。オーロラと星降る夜の海、巨大な氷河の脇を通り、時にはサーフィンのようにトンネル状の波乗りをして、稲妻の夜には紙飛行機のように空を飛び、くらげやタコに弄ばれ、大きな客船の横をすり抜け、ヴェネツィアのカーニバルのような夜に、海辺の小さなお家に帰宅。大海原を共に旅した気分。言葉のない、海の冒険譚。2021/12/18

seacalf

82
たった一本のペンだけでページ数たっぷりの驚異的な世界へと誘う。一体どれだけの生物が描かれているのだろう。見る者の心を奪い、文字通り引きずりこむかのように摩訶不思議な世界へと没入させる。不思議な帆船から旅立って、大海原、マングローブの森、神秘的な夜の世界、タンカーや油田との出会い、巨大なクリーチャー達、海底、ケルプの森、都会の大きな港、運河、・・・。とにかく見せ場が多くてロングムービーを観ているかのような様々な場面が待っている。少し謎めいた展開で解釈は読者に委ねられているので色々自由に想像できるのもいい。2022/04/14

sin

74
ショーン・タンの描いた『アライバル』のようにこれは読む物語ではなく読みとる物語だ。海に乗り出した折り紙の舟は図鑑のように溢れんばかりの生き物たちに出逢い、やがて人知を超えた異形たちに遭遇する。そうしてみると僕が異形に惹かれることは幼い頃みた図鑑に描かれたまだ見ぬ生き物に想いを馳せた憧れの延長か?世界には未だ知られぬ未知の存在が隠れているのか!?冒険と未知との遭遇そして帰還の物語…貴方の感じる物語はなんだろう?2022/01/17

とよぽん

70
読友さんの感想を読んで。新着図書リストに載っていた。図書館の本なので帯は残念ながらついてなかったけれど。どのページも、めくるたびに圧倒される膨大な線と点の世界。小舟は様々な自然や生きものの神秘性を巡って長い旅をする。次第に、小舟が人格をもったものに思えてきた。途中、人間の傲慢な自然破壊のありさまも出てきて、未来の地球の姿になってほしくないと思った。とにかく、言葉が一切なくて絵だけの作品で、その全てに意味がありメッセージがあると感じた。最後、岸本佐知子さんの解説(?)があり、それもとてもよかった。おすすめ!2022/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18686454

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。