コーチング心理学ガイドブック

個数:
電子版価格
¥4,620
  • 電書あり

コーチング心理学ガイドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 00時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762832215
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3011

出版社内容情報

国際的にコーチング心理学を牽引する執筆陣が,心理学に基づくコーチングの基礎,研究,実践を紹介。信頼関係の築き方やアセスメント等の主要トピックから,会社やスポーツなどでの応用,コーチング心理学の限界と未来まで包括的に解説。個人と組織の持続的成長やウェルビーイング向上に貢献したい実践家・研究者必読の書。

内容説明

国際的にコーチング心理学を牽引する執筆陣が、心理学に基づくコーチングの基礎、研究、実践を紹介。信頼関係の築き方やアセスメント等の主要トピックから、組織(職場)やスポーツなどでの応用、コーチング心理学の限界と未来までを包括的に解説。

目次

第1部 コーチング心理学の基礎(コーチングとコーチング心理学の背景と発展;コーチとクライエントの関係性)
第2部 コーチング心理学のアプローチとモデル(コーチング心理学のアプローチとモデル:解決志向、行動と認知行動;コーチング心理学のアプローチとモデル:人間性主義、統合的、構成主義 ほか)
第3部 コーチング心理学の応用(コーチング心理学の専門領域;組織で活動する ほか)
第4部 専門的な実践の課題と研究(限界とベストプラクティスとは?;コーチングと多様性(ダイバーシティ) ほか)
第5部 ケーススタディとコーチング心理学の未来(コーチング心理学のケーススタディとは?;コーチング心理学の未来に向けた振り返りと発展について)

著者等紹介

オリオーダン,シヴォーン[オリオーダン,シヴォーン] [O’Riordan,Siobhain]
(PhD)英国心理学会(BPS)公認心理学者、公認科学者、国際コーチング心理学会(ISCP)の創設者であり、会長、フェロー。また、Association for Buisiness Psychology(ビジネス心理学協会)のプリンシパルプラクティショナー、International Stress Management Association UK(英国国際ストレスマネジメント協会)のフェロー、Association for Coaching(コーチング協会)のメンバー、Institute of Health Promotion and Education(健康促進・教育研究所)の名誉会員、Association of Rational Emotional Behavioural Therapists(REBT協会)の学術会員。ISCP認定スーパーバイザー。研究者としての経験を活かし、大学院・博士課程のコーチングおよびコーチング心理学におけるプログラムのトレーナー、試験員、スーパーバイザーとしての経験も豊富。イギリスのCentre for CoachingとCentre for Stress Managementでは、コーチングとコーチング心理学プログラムのコース共同ディレクター、およびトレーナーを兼務している。現在は『Coaching Psychology International』と『International Journal of Coaching Psychology』の編集者。また、『European Journal of Applied Positive Psychology』と『International Journal of Stress Prevention and Wellbeing』の共同編集者。2010年には、BPSコーチング心理学特別グループよりDistinguished Contribution to Coaching Psychology Awardを受賞

パーマー,スティーブン[パーマー,スティーブン] [Palmer,Stephen]
(PhD)。コーチング心理学の分野における代表的なパイオニアの一人である。Wales Academy for Professional Practice and Applied Research(ウェールズ大学トリニティセントディヴィッド校)の実務教授を務める。ISCP国際コーチング心理学研究センターのコーディネーターであり、ロンドンのCentre for Coachingの創設者でもある。国際コーチング心理学会(ISCP)名誉会長およびフェロー。英国心理学会(BPS)コーチング心理学特別グループの初代会長、Association for Coaching(コーチング協会)の元名誉会長である。BPSカウンセリング心理学部門より、「2000年英国におけるカウンセリング心理学への卓越した専門的・科学的貢献」として、Annual Counseling Psychology Award(カウンセリング心理学賞)を受賞。2008年には、BPSコーチング心理学特別グループよりLifetime Achievement Award(コーチング心理学への顕著な貢献に対する表彰)を授与された。『International Journal of Coaching Psychology』のエグゼクティブエディターであり、『European Journal of Applied Positive Psychology』の共同編集者

徳吉陽河[トクヨシヨウガ]
一般社団法人コーチング心理学協会代表理事・講師、一般社団法人ポジティブ心理カウンセラー協会代表理事・講師。公認心理師、キャリアコンサルタント、コーチング心理士、ポジティブ心理療法士、認定心理士(心理調査)など多数。専門分野は、コーチング心理学、ポジティブ心理学、キャリア心理学、認知科学など。クライエントやコーチ・カウンセラーがお互いに前向きになるようなウェルビーイングや能力の向上、向己成長の支援を行っている。海外の様々なワークショップや学会などに参加し、様々な心理学、心理療法、コーチングを学ぶ。大学・看護学校などでの講師を経て、現在は、現場に役立てるため、社会人に向けて「コーチング心理学」や「ポジティブ心理学」に関わる実践・研究、普及の活動を行っている。大学、高校、教育支援センターなどの教育機関、若者サポートステーション、就労支援施設、社会福祉協議会、リハビリテーションなどに関わる医療機関などの講師。外資系・国内大手製造業、販売・接客業、人材サービス業の団体などでの研修の議師なども担当

森谷満[モリヤミツル]
北海道医療大学予防医療科学センター教授、北海道医療大学病院内科心療内科、日本心療内科学会理事、日本心身医学会代議員、日本医師会認定産業医。American College of Physicians Japan Chapter Physician’s Well‐being Committee、日本歯科心身医学会理事、アカデミック・コーチング学会理事、コーチクエスト認定プロフェッショナル・ウェルネス・コーチ、一般財団法人生涯学習開発財団認定プロフェッショナル・コーチ。専門は、コーチング心理学と解決志向アプローチの医療への応用

フジモトマナブ[フジモトマナブ]
立命館大学教育開発推進機構教授/コーチング心理士。専門は社会心理学、特に対人行動学。コミュニケーションスキル、グループディスカッション、対人関係、チームワークに関する基礎研究と実践活用に取り組んできた。近年は医療の質と安全の向上を目標に、医療者のノンテクニカルスキルおよび破壊的行動に関する研究に専念している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。