学習設計マニュアル―「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン

個数:

学習設計マニュアル―「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン

  • 提携先に9冊在庫がございます。(2021年05月09日 13時55分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762830136
  • NDC分類 002.7
  • Cコード C1037

出版社内容情報

自らの学びを,効果的で効率的で魅力的にデザインし,「学」んで「問」える「おとな」へと導く19の方略。学び方を学ぶ本。自らの学びを,効果的で効率的で魅力的にデザインし,「学」んで「問」える「おとな」へと導く19の方略を提供する。メタ認知,ID理論,自己調整学習など,学び方を学べる本。明確な学習目標,具体的でわかりやすい事例,理解を深めるための練習問題とフィードバックを各章に配置した「設計マニュアル」シリーズ第4弾。



◆推薦のことば



本当の学びは人生100年時代の道具。

「学び方」を学ぶ本。社会人にも学生にも読んでほしい。

株式会社内田洋行代表取締役社長 大久保 昇



学ぶ力を高めよう。学びを楽しみ,深めよう。

あなたの世界を広げ,大きく成長させる道がここにある。

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授 上田紀行





◆主な目次



はじめに:学び方を学ぶとは?



●第1部 自分の学びと向き合う

第1章 自分を取り巻く学習環境を知る

第2章 学習スタイルを把握する

第3章 学び方を振り返る

第4章 学びの深さを考える

第5章 学問分野の特色を把握する



●第2部 学びの場をつくる

第6章 学び合う下地をつくる

第7章 意見を出し合い整理する

第8章 仲間と力を合わせる

第9章 時間を管理する

第10章 失敗に強くなる



●第3部 学び方を工夫する

第11章 学習意欲を高める

第12章 理解を促す

第13章 出入口を明確にする

第14章 課題に合った学び方をする

第15章 実践に役立つ学びにする



●第4部 これからの学びを考える

第16章 これからの学びを想像する

第17章 学習スタイルを拡張する

第18章 自己調整学習者になる

第19章 アクションプランをつくる





◆執筆者一覧(執筆順)

鈴木 克明 (編著者)  はじめに,2章,4章,5章,17章

美馬のゆり (編著者)  1章,3章,16章,18章

竹岡 篤永 (明石工業高等専門学校)  6章,9章

室田 真男 (東京工業大学リベラルアーツ研究教育院)  7章,10章  

渡辺 雄貴 (東京工業大学教育革新センター)  8章,10章

市川 尚  (岩手県立大学ソフトウェア情報学部)  11章,13章,15章

冨永 敦子 (公立はこだて未来大学)  12章

高橋 暁子 (徳島大学総合教育センター)  14章

根本 淳子 (愛媛大学e-Learning教育支援センター)  19章

はじめに:学び方を学ぶとは?



第1部 自分の学びと向き合う

 第1章 自分を取り巻く学習環境を知る

  <学習目標> 

  <最初に考えてみよう!> 

  ●「大学での学び」とは何だろうか?

  ●学びの環境を整えよう

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第2章 学習スタイルを把握する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●ライフスタイルを4つに分けてみよう

  ●学習スタイルを調べてみよう:VAKTモデル

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第3章 学び方を振り返る

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●これまでの学び方を振り返る

  ●メタ認知とは何か

  ●読むこと,見ること,聞くことを振り返る

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第4章 学びの深さを考える

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●知識とは覚えるものか,それとも疑うものか?

  ●「文学入門」受講者4人の経験談

  ●ペリーの認知的発達段階説

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第5章 学問分野の特色を把握する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●科目ごとの好き嫌いを乗り越えられるか?  

  ●自然科学と社会科学との違い

  ●ある領域の学びから多くを得るための問い

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック



第2部 学びの場をつくる

 第6章 学び合う下地をつくる

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>      

  ●共に学ぶ仲間の背景を考える

  ●仲間の話に耳を傾ける

  ●仲間の気持ちを考えながら自己主張する

  ●学習経験の質を高める

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック<

 第7章 意見を出し合い整理する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●協同学習の様々な技法  

  ●発散技法:ブレインストーミング

  ●収束技法:KJ法

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第8章 仲間と力を合わせる

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●仲間と力を合わせる学習とは

  ●協同学習が大切な理由

  ●協同学習をうまく進めるには   

  ●グループ活動のグランドルールをつくろう

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第9章 時間を管理する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●目標達成のための時間を配分する

  ●タイムマネジメントをうまく行うためのヒント

  ●学校学習の時間モデル

  ●「時間モデル」活用のヒント

  ●できばえを上げる方法を学ぶ 

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第10章 失敗に強くなる

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●失敗に強くなるとは 

  ●失敗に対処する4段階

  ●援助要請は悪いことではない

  ●失敗しない力

  ●メンタルヘルス

  ●コーピングスキル

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック



第3部 学び方を工夫する

 第11章 学習意欲を高める 

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!> 

  ●学習意欲をARCSの4つの側面で捉える

  ●ARCSモデルを学びに活用する  

  <もう一度考えてみよう!>

  ●学習意欲についての工夫例

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第12章 理解を促す

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●9教授事象とは?

  ●9教授事象は記憶のモデルと関係している

  ●9教授事象を適用した授業例

  ●9教授事象の使い方の留意点

  <もう一度考えてみよう!>

  ●学びの工夫例  

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第13章 出入口を明確にする

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●学びの出入口

  ●出口:学習目標を明確にしよう

  ●入口:学習者の状況を把握しておこう

  ●出入口を確認する3つのテスト

  ●学びの構造をイメージする

  <もう一度考えてみよう!>

  ●学びの工夫例  

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第14章 課題に合った学び方をする

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●学び方を考える流れ

  ●学習目標を5つの観点で分類する

  ●分類のしかた

  ●学びの作戦をイメージする

  <もう一度考えてみよう!>

  ●学びの工夫例  

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第15章 実践に役立つ学びにする

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●現実味のある学びにする

  ●ID第一原理

  ●社会の中で学ぶ

  <もう一度考えてみよう!>

  ●学びの工夫例  

  ●事例

  ■練習/■フィードバック



第4部 これからの学びを考える

 第16章 これからの学びを想像する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●こんな時代がやってくる

  ●これから学ぶ必要があること

  ●それらをどうやって学べばよいのか

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第17章 学習スタイルを拡張する

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●コルブの経験学習モデル

  ●コルブの経験学習モデルと学習スタイル

  ●学習スタイルを広げることが学び方を学ぶこと

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第18章 自己調整学習者になる

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●学習を意識して自分で調整する

  ●自己調整学習の3つの要素

  ●自己調整学習の3つの段階

  ●一人から複数への調整学習

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック

 第19章 アクションプランをつくる

  <学習目標>

  <最初に考えてみよう!>

  ●変化と成長を目指して

  ●学びにも始まりと終わりはある

  ●キャリアをデザインする

  ●不確実性を受け入れて,柔軟な対応をする

  ●アクションプランを立てよう 

  <もう一度考えてみよう!>

  ●事例

  ■練習/■フィードバック



 文 献 索 引

鈴木 克明[スズキ カツアキ]
著・文・その他/編集

美馬 のゆり[ミマ ノユリ]
著・文・その他/編集

内容説明

本書は、これまでにあたりまえに行ってきた「学び」について、一度立ち止まって振り返りながら、さらに捉え直す機会として、しっかりと向き合い、自分の学習を設計できるように支援することが目的です。

目次

第1部 自分の学びと向き合う(自分を取り巻く学習環境を知る;学習スタイルを把握する ほか)
第2部 学びの場をつくる(学び合う下地をつくる;意見を出し合い整理する ほか)
第3部 学び方を工夫する(学習意欲を高める;理解を促す ほか)
第4部 これからの学びを考える(これからの学びを想像する;学習スタイルを拡張する ほか)

著者等紹介

鈴木克明[スズキカツアキ]
国際基督教大学教養学部(教育学科)、同大学院を経て、米国フロリダ州立大学大学院教育学研究科博士課程を修了、Ph.D(教授システム学)。東北学院大学教養学部助教授、岩手県立大学ソフトウェア情報学部教授などを経て、熊本大学教授システム学研究センター長・教授。同大学院教授システム学専攻長・教授。専門:教育工学・教育メディア学・情報教育

美馬のゆり[ミマノユリ]
電気通信大学電気通信学部(計算機科学科)、米国ハーバード大学大学院教育学研究科修士課程、東京大学大学院教育学研究科修士課程を経て、電気通信大学大学院情報システム学研究科博士課程を修了、博士(学術)。埼玉大学教養学部助教授、日本科学未来館副館長などを経て、公立はこだて未来大学システム情報科学部教授。専門:教育工学・認知科学・情報教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。