海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト―大規模調査による留学の効果測定

電子版価格 ¥3,850
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト―大規模調査による留学の効果測定

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 291p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762028021
  • NDC分類 377.6
  • Cコード C3036

目次

第1部 海外留学をめぐる研究と政策の動向(日本の海外留学促進政策の変遷;留学のインパクトに関する国内外の研究概要;留学効果分析のアプローチ―異文化適応力をテーマに)
第2部 留学のインパクトに関する調査結果(グローバル人材育成と留学の長期的なインパクトに関する調査―その目的と方法;留学の類型と特徴―3ヵ月以上の留学経験者データ分析に基づいて;留学による意識と能力の変化―学部留学のインパクト;高校留学のインパクト;留学経験が収入や職業キャリアにもたらす効果;留学経験と生活満足度―留学経験者データの共分散構造分析;国際的市民意識に対する留学のインパクト;留学のキャリア・雇用に関するインパクト―日本企業は留学経験者をどうみているのか;実践編 Eポートフォリオ学習成果分析と世代間交流―GJ5000プロジェクトと「留学のすすめ.jp」)

著者等紹介

横田雅弘[ヨコタマサヒロ]
明治大学国際日本学部学部長・教授。上智大学文学部(心理学専攻)卒、ハーバード大学大学院修士課程(カウンセリング・心理学専攻)修了、学術博士(東京学芸大学)。一橋大学留学生センター教授を経て、2008年度より明治大学国際日本学部教授。2014年度より学部長。異文化間教育学会理事(元理事長)、留学生教育学会理事

太田浩[オオタヒロシ]
一橋大学国際教育センター教授・Hitotsubashi University Global Education Program(HGP)ディレクター。國學院大學法学部(政治学専攻)卒、東洋大学で職員として教務部、国際交流センター等に勤務後、2001年ニューヨーク州立大学バッファロー校教育学大学院教育政策研究科修士課程修了(Ed.M.取得)及び2008年同大学博士課程比較・国際教育学専攻修了(Ph.D.取得)。ニューヨーク州立大学バッファロー校国際教育部、一橋大学商学研究科専任講師、同大学国際戦略本部准教授を経て、2010年より現職。2013年より留学生教育学会副会長。専門は比較・国際教育学、高等教育国際化論

新見有紀子[シンミユキコ]
一橋大学法学研究科講師。慶應義塾大学文学部(人間関係学科人間科学専攻)卒、一橋大学および電気通信大学にて職員として勤務後、ミネソタ大学大学院修士課程(カウンセリング心理学専攻)修了、ボストンカレッジ大学院博士課程(高等教育)修了、Ph.D.取得。在学中にボストンカレッジ国際高等教育研究所助手として勤務。2014年より一橋大学大学院法学研究科・国際教育センター兼任教員。海外留学・留学生相談担当。専門は国際比較高等教育、国際教育交流、海外留学の効果(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。