生活問題の社会学 (新版)

個数:

生活問題の社会学 (新版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年06月25日 21時32分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 227p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762010415
  • NDC分類 365
  • Cコード C3336

内容説明

本書は、現在のわが国の人びとが、それぞれの日常生活のなかで遭遇する、もしくは体験する問題を論じたものである。今回の新版は2部・13章で構成した。

目次

社会学からの社会問題アプローチ
1 生活のなかの問題行動(少年非行と大人の犯罪;不登校・ひきこもり;十代の売買春;薬物乱用;セクシュアル・ハラスメント、ストーカー;自殺)
2 家族と社会をめぐる生活問題(パートナー関係;夫婦間暴力と児童虐待;教育崩壊をめぐる問題;高齢化と高齢者問題;リストラ・失業・過労死;エイズ;環境をめぐる問題)

著者等紹介

矢島正見[ヤジママサミ]
1948年横浜生まれ。1979年中央大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程退学(単位取得)。現在中央大学文学部教授。専攻は犯罪社会学、社会病理学、性社会学。著書に『成熟社会の病理学』(共編著)1993年、『生活問題の社会学』(共編著)1995年、『少年非行文化論』(単著)1996年、『男性同性愛者のライフヒストリー』(編著)1997年、『女性同性愛者のライフヒストリー』(編著)1999年、いずれも学文社刊。『日本の犯罪学』7巻・8巻(共編著)1998年、東京大学出版会
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。