MaaSが地方を変える―地域交通を持続可能にする方法

個数:

MaaSが地方を変える―地域交通を持続可能にする方法

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月17日 01時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761527907
  • NDC分類 680
  • Cコード C0065

内容説明

地域の足が危機に瀕する地方こそ、ICTの力で多様な公共交通による移動を最適化するMaaSは有効であり、ニーズや期待が一層高まっている。政策ツールとしてMaaSを活かすことで脱マイカー依存やコンパクトシティを実現し、持続可能な地域を目指す各地の取り組みをレポート。

目次

第1章 都市から地方に広がり始めたMaaS
第2章 マイカー王国からの脱却目指す―前橋市
第3章 コンパクトシティとMaaSの関係―富山市
第4章 市民も自主的に参加する交通改革―山口市
第5章 高蔵寺はニューモビリティタウンへ―春日井市
第6章 定住推進から生まれた交通改革―中津川市
第7章 UberやVISAも参入する先進地域―京丹後市
第8章 地元企業が取り組んだ地方型MaaS―東御市
第9章 産官学連携で目指すウエルネス・シティ―小諸市
第10章 地方型MaaSに求められること

著者等紹介

森口将之[モリグチマサユキ]
1962年東京生まれ。早稲田大学卒業後、出版社編集部を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。国内外の交通事情・都市事情を取材し、雑誌・テレビ、ラジオ・インターネット・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティやまちづくりの問題解決のためのリサーチ、コンサルティングを担当する。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、グッドデザイン賞審査委員。著書に『MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略』(学芸出版社、2019年、第45回交通図書賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

クサバナリスト

7
Mobility as a Service。第一章と山口市の例が揚げられている第四章を読んだ。 東京では、JRが青梅MaaSのポスターや広告を出しているので注目したい。2021/11/28

hide10

1
いろいろなMaaS本がある中で、この1冊の内容、主張が最も共感できました。 ・ブーム段階が終わり、儲けだけ目的プレーヤーは退出 ・公共交通に課題を抱える地方こそmaasによる変革の余地あり (関係者がコンパクトゆえに合意形成が計りやすい) ・MaaSを目的にせず、結果的にMaaSになっていた (あくまで課題解決のためのツールというスタンス) ・maas導入の裏には、自ら学び行動する行政職員や デジタルノウハウを持つ民間社員という「人」の存在2021/10/30

いま

0
MaaSはビジネスにあらず。まさにその通り。2022/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18390159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。