空き家再生でみんなが稼げる地元をつくる「がもよんモデル」の秘密

個数:

空き家再生でみんなが稼げる地元をつくる「がもよんモデル」の秘密

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月28日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761527617
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いーたん

23
とんぼり、なんもり、さかほん等々、大阪人はしばしば地名を略す。タイトルにある「がもよん」は蒲生四丁目、大阪市城東区にある地名。また、古民家再生で有名な町も、中崎町、空堀、昭和町といくつもあるが、その中にあって、がもよんは上手いこといってるそうだ。本書では、その謎と秘訣が惜しみなく紹介されている。キーパースンである和田さんはアウトサイダーであり建築家ではない。でも、地元の地主スギタさんとのタッグで、個性的な飲食店を次々と誘致。イベントを仕掛けて店主たちとの信頼関係を構築…って、やはり簡単なことでは無いよね。2021/08/13

イワハシ

5
著者に会ったことがある。そのときはあまりピンときていなかったが、こういうことをしているのね。成功話は参考にはなるがあくまでヒントで、自分がやるときには別の道を考えなければならないのだ2023/10/11

Koji Harasawa

3
極めて実践的だが、きちんとまちづくりの思想がある。人が基本。良い先導として、参考にしたいことだらけだ。少しずつでも、やっていこう。2021/09/18

Go Extreme

2
十余年で三十余軒が出店、撤退ゼロ。蒲生四丁目で何が起きているのか 空き家再生を稼ぐビジネスにする「がもよんモデル」:独自性 地域内のネットワーク 自ら責任を背負う 真似て稼げ:まちのスケールを見定める 空き家を見極める 大家を口説く まちに必要な店子を選ぶ 事業リソースをシェアする 仲介役の収益源を確保する 自前の事業にこだわる 存在をアピールする これからの「がもよん」が目指すこと:自分の店を持ちたい人を応援するまちへ まちの暮らしと結び付けた拠点づくり 川を越える「がもよん」拡大計画 大阪に、日本中に2021/03/08

よねも

1
大阪の蒲生四丁目の町屋再生について書かれた本。耐震対応が軸となっていること、全体的な町のバランスを考えてお店を招致していること、いろいろなイベントを企画していること、飲食店の料理人にオーナーになってもらおうと考えていること、様々な要素が魅力的で読んでいて楽しくなれる内容でした。遊びに行ってみたい。2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16999957
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。