問いのデザイン―創造的対話のファシリテーション

個数:

問いのデザイン―創造的対話のファシリテーション

  • ウェブストアに55冊在庫がございます。(2021年10月19日 12時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761527433
  • NDC分類 809.6
  • Cコード C0034

内容説明

メンバーを本気にさせ、チームの成果を引き出すワークショップの極意。商品開発・組織変革・学校教育・地域活性の現場を変える戦略&スキル。

目次

序論 なぜ今、問いのデザインなのか
1 問いのデザインの全体像(問いのデザインとは何か)
2 課題のデザイン―問題の本質を捉え、解くべき課題を定める(問題を捉え直す考え方;課題を定義する手順)
3 プロセスのデザイン―問いを投げかけ、創造的対話を促進する(ワークショップのデザイン;ファシリテーションの技法)
4 問いのデザインの事例(企業、地域、学校の課題を解決する)

著者等紹介

安斎勇樹[アンザイユウキ]
株式会社ミミクリデザインCEO。株式会社DONGURI CCO。東京大学大学院情報学環特任助教。1985年生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。組織の創造性の土壌を耕すワークショップデザイン・ファシリテーション論について研究している

塩瀬隆之[シオセタカユキ]
京都大学総合博物館准教授。1973年生まれ。京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科修了。博士(工学)。専門はシステム工学。2012年7月より経済産業省産業技術政策課にて技術戦略担当の課長補佐に従事。2014年7月より復職。小中高校におけるキャリア教育、企業におけるイノベーター育成研修など、ワークショップ多数。平成29年度文部科学大臣賞(科学技術分野の理解増進)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

49
改めて「問い」というものを考えた。今まで考えていたことが、まだまだ浅いものだったということを再認識。問いが浅いと答えも浅くなるのは、そのとおりだと思う。そして、その問いを活かすためのファシリテーション。この世界は、深くかつ拡がりがある。これは、日常のいろいろな場面で適用すべきことだと思う。いきなりは難しいが、少しずつ近づいていきたい。2020/11/09

Susumu Tokushige

27
問いとは『人々が創造的対話を通して認識と関係性を編み直すための媒体』と本書は定義。問い・課題・プロセスのデザインを助ける指南書。問題を捉える5つの思考法(素朴・天邪鬼・道具・構造化・哲学的)は迷った時に踏み出す一歩を作ることに役立つ(特に哲学的思考の本質観取が好み)。ワークショップでレゴブロックを用いた店舗作成に感動。思考で終わらず『創る』という活動が効果的。これは取り入れたい。個人的に事例の『貧困とは何か?』に対するユヌス博士の回答「機会が拒絶されている」は首肯。社会システムの影響は非常に強いと言える。2020/11/18

Atsushi Kobayashi

20
デザインつづきで購入。が、事例はいろいろあるのですが、どうやって自分が実施したら良いのかが抽象的すぎ&散逸していて実現できません。タイトルは面白いのですが。。2021/01/06

Tenouji

18
「分断」でなければ「対話」でしょ、ということで読む。非常に丁寧な実践の書。思想のベースは社会構築主義。ちょっと、これを、会社活動で、応用してみたいことがある。2020/08/23

P.N.平日友

11
ワークショップのノウハウという珍しい内容だったので手にとった。問題と課題の違いに始まり、課題設定、課題の定義方法、ワークショップのデザイン、事例集と進む。後半は実体験しないとなかなか掴みづらいところ(ワークショップ開くとかなかなか経験ないので)があったけれど、序盤の問題と課題の違いだけでもかなりためになった。問題にぶちあたり立ち往生したときのヒントにしたい。さらに、図がシンプルでわかりやすく日常の資料づくりなどにも役立ちそう。もし今後ワークショップ開くことがあればすがりたい内容である。2021/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15812988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。