住総研住まい読本<br> 建築女子が聞く住まいの金融と税制

個数:
  • ポイントキャンペーン

住総研住まい読本
建築女子が聞く住まいの金融と税制

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761525996
  • NDC分類 338.74
  • Cコード C0052

出版社内容情報

長期ローンを借りても大丈夫?相続税対策には超高層?老後への備えは? お客様の一生を見据えて相談できるプロになるための一冊

ローンを借りて家を持つなんてやばくない? 家をつくる仕事に未来はあるの? 相続税対策、ホントに必要? お金の基本、考え方と仕組みが分からないと、 これからの建築や不動産の仕事はできません。 建てる人、借りる人の一生を見すえて 対応できるようになるための、 基礎から学び、最先端を知る教科書

★建築女子が聞く 住まいの金融と税制
■はじめに
■第1部 住まいと金融
第1章 そもそも金融とは
第2章 金不足時代の住宅金融―割賦金融と住宅金融公庫
第3章 金余り時代の住宅金融―住宅ローンなんてどうでもいい時代があった
第4章 バブル経済と住宅金融専門会社―住宅バブルは必ずしも崩壊しなかった
第5章 銀行による住宅ローンの拡大―金利の自由化と、住宅金融公庫の疲弊
第6章 住宅ローンの証券化―ジニーメイのおじさんとNASA発の金融工学
第7章 高齢社会の住宅金融―リバース・モーゲージ、マイホーム借上げ制度
第8章 熟年世代向けの新しい住宅金融の可能性―マイホーム借上げ制度定額保証型
第9章 若年ファミリー向けの新しい住宅金融の可能性―マイホームリース
建築分野のみなさんへ
■第2部 住まいと税制
第1章 そもそも税金とは、なんですか
第2章 住宅ローン、住宅投資と税金―家は人権の要
第3章 住宅取得手続きと税金―印紙税、登録税、不動産取得税は時代遅れ
第4章 住宅の保有と税金―課税ミスの多い固定資産税と本来は目的税の都市計画税
第5章 住宅の譲渡損益と税金―住宅の再取得を可能にするための優遇措置
第6章 住宅取得資金と贈与税―贈与と相続の時間差が問題
第7章 住宅と相続税―富の不公正さを是正するための手段
第8章 住宅と消費税―軽減税率は混乱の元
第9章 税金の未来―思い切って税を出して、公平な社会を実現する
建築分野のみなさんへ
■おわりに
--------------------------
◎コラムA:「自動車ローン」は現在の自動車の代金を将来の消費に換える仕組み
◎コラムB:無尽業法とは
◎コラムC:「現代住宅双六」(1973年版)
◎コラムD:住宅価格のサラリーマン世帯の年収に対する倍率の推移
◎コラムE:不動産の評価方法
◎コラムF:債券価格の計算方法
◎コラムG:普通の債券とモーゲージバック債券の現在価値の決まり方
◎コラムH:JTIのマイホーム借上げ制度の仕組み
◎コラムI:超過累進税率と計算方法
◎コラムJ:居住用財産の買換え特例
◎コラムK:相続時精算課税制度とは
◎コラムL:路線価
◎コラムM:消費税の負担と納付の仕組み

【著者紹介】
【大垣 尚司】(おおがき・ひさし) 1959年京都府生まれ。1982年東京大学法学部卒業。同年日本興業銀行に入行。1985年米国コロンビア大学法学修士。金融商品開発部、ニューヨーク支店、ストラクチャードファイナンス部、興銀第一ファイナンシャルテクノロジー取締役、アクサ生命専務執行役員などを経て、立命館大学大学院法学研究科教授、金融・法・税務研究センター長。博士(法学)。一般社団法人移住・住みかえ支援機構代表理事、一般社団法人日本モーゲージバンカー協議会会長。 主な著書に『金融と法――企業ファイナンス入門』『金融アンバンドリング戦略』『49歳からのお金―住宅・保険をキャッシュに換える』など。

内容説明

ローンを借りて家を持つなんてやばくない!?家をつくる仕事に未来はあるの!?相続税対策、ホントに必要?建てる人、借りる人の一生を見すえて対応できるようになるための、基礎から学び、最先端を知る教科書。

目次

第1部 住まいと金融(そもそも金融とは;金不足時代の住宅金融―割賦金融と住宅金融公庫;金余り時代の住宅金融―住宅ローンなんてどうでもいい時代があった;バブル経済と住宅金融専門会社―住宅バブルは必ずしも崩壊しなかった;銀行による住宅ローンの拡大―金利の自由化と、住宅金融公庫の疲弊;住宅ローンの証券化―ジニーメイのおじさんとNASA発の金融工学;高齢社会の住宅金融―リバース・モーゲージ、マイホーム借上げ制度;熟年世代向けの新しい住宅金融の可能性―マイホーム借上げ制度定額保証型;若年ファミリー向けの新しい住宅金融の可能性―マイホームリース)
第2部 住まいと税制(そもそも税金とは、なんですか;住宅ローン、住宅投資と税金―家は人権の要;住宅取得手続きと税金―印紙税、登録税、不動産取得税は時代遅れ;住宅の保有と税金―課税ミスの多い固定資産税と本来は目的税の都市計画税;住宅の譲渡損益と税金―住宅の再取得を可能にするための優遇措置;住宅取得資金と贈与税―贈与と相続の時間差が問題;住宅と相続税―富の不公正さを是正するための手段;住宅と消費税―軽減税率は混乱の元;税金の未来―思い切って税を出して、公平な社会を実現する)

著者等紹介

大垣尚司[オオガキヒサシ]
1959年京都府生まれ。1982年東京大学法学部卒業。同年日本興業銀行に入行。1985年米国コロンビア大学法学修士。金融商品開発部、ニューヨーク支店、ストラクチャードファイナンス部、興銀第一ファイナンシャルテクノロジー取締役、アクサ生命専務執行役員などを経て、立命館大学大学院法学研究科教授、金融・法・税務研究センター長。博士(法学)。一般社団法人移住・住みかえ支援機構代表理事、一般社団法人日本モーゲージバンカー協議会会長

三木義一[ミキヨシカズ]
1950年東京都生まれ。1975年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。専攻は税法。現在、青山学院大学法学部教授、同学部長。博士(法学)・弁護士。元政府税制調査会専門家委員会委員、民間税制調査会共同座長

園田眞理子[ソノダマリコ]
1957年石川県生まれ。1979年千葉大学工学部建築学科卒業、1993年千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。(株)市浦都市開発建築コンサルタンツ、(財)日本建築センターを経て、1997年より明治大学に勤務。現在、明治大学理工学部教授。博士(工学)・一級建築士。川崎市住宅政策審議会会長、東京都住宅政策審議会会長代理。日本学術会議連携会員

馬場未織[ババミオリ]
1973年東京都生まれ。1996年日本女子大学卒業、1998年同大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建築ライターへ。家族5人とネコ2匹を連れて「平日は東京で暮らし、週末は千葉県南房総市の里山で暮らす」という二地域居住を実践。2011年に仲間と共に任意団体「南房総リパブリック」を設立、2012年に法人化。現在はNPO法人南房総リパブリック理事長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

azusan

0
私にとって、大衝撃の凄い本。「家は人権の要」、それをどのように国が制度として導いてきて、これからどうなるのか。結局設計者が考えうる家は税金や金融の制限の中にあるという事実。政治の場で、ビジネス視点だけでなく、納税者として、住む人として、考える視点が不足しているんだろうな・・・。日本人の嫌税感が引き起こす根深い問題にも立ちすくんでしまう。「まちづくり」的にも、勤務先が影響する建築業界的にも大変勉強になる本。都市計画税が一般財源になっているとか意味が分かりません。税金の使われ方にもっと関心を持とうと思った。2017/05/02

まさこ

0
「住宅ローンは他の借金と性質が違う」ことには大きく納得。貯めていては、一番必要な時に使えないので利用すべき。・・・で、その後、家族が減って、大きすぎる持ち家を運用できる仕組みがうまくできれば良いのか。それより先にシェアハウスの方が進むか。どちらも「そんなに困っていない」間は変わらないのでは、と思う。やっぱり広々使えるのは気持ちいいいし。リバースモゲージは都市部ではありかな・・・。 馬場未織さんが入って、ずっと納得感のある本になりました。やはりこれからと今迄は、全く違うから。気付いている園田先生もさすが。2015/11/25

Naokosh

0
税の仕組や背景が詳しい。2022/09/27

ぺっちゃ

0
大した内容は書いてありません。それにしても、三木義一氏をはじめ租税法学者の方々は「日本が財政破綻したらIMFがやって来る」なんてことを相変わらず言っているが、いつまで言い続けるんだろうか。2020/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9756567
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。