コロナで都市は変わるか - 欧米からの報告

個数:

コロナで都市は変わるか - 欧米からの報告

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761513726
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C0052

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまご

13
都市で暮らすものとして,読んでみた.「密」がいけないけど,高密度と過密はちがう.過密居住が感染リスクを高めるという指摘に納得.人口密度の低い田舎でタコ部屋に大人数が住んだら過密で高感染リスク.人口密度の高い都市だって,狭い部屋(それはそれで嫌…)に一人なら,居住空間では当然感染リスクなし.そして近場で生活が完結できれば,遠方に感染を広めるリスクもかなり減る.ライフスタイルで求めるものは変わるけど,今の私は15分コミュニティ論(アムステルダムを想起)に激しく同意.pandemic下でまさに感じたことでした.2021/03/27

qoop

6
アフターコロナの都市計画についてコンパクトシティの理想と対立するような異論も散見されるそうだ。本書は高密度都市や公共交通といったテーマ設定に基づき各個撃破で異論をつぶし、感染症対策と持続可能な都市計画をすり合わせていく提言集。なるほどと思うことしばしばで実りある内容と感じる。感染症対策という意味では異なる感染強度/感染経路の感染症を一括して想定することなど本当にできるのかと疑問もあるが、逐一再検討する能がない身としては、このテーマを緩く追いかけていきたいと思わされた。2021/05/27

ヤギ郎

3
2021年8月27日読了。2021/08/27

コウヘイ

3
事例集的な側面が強く、深い洞察が得られるわけではないが、考えるヒントは大いに含まれている1冊。「高密度」は「過密」ではないという整理は、当たり前のようでハッとさせられる視点だった。またアフターコロナの都市においても現状のスーパー都市の地位は下がらないという意見にも同意する。その上で、アフターコロナの都市像として掲げられる「15分コミュニティ論」などは、あまりに理想主義的ではないかと感じた。2021/01/24

Hiromu Yamazaki

2
「高密度でなく過密こそが悪」は良い整理。「都市の力」に対する楽観論が強いところもあるが、公共空間の更なる消費空間化、インクルーシブなど得られるキーワードは多い。2020/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16904123
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。