住総研住まい読本<br> 不動産の価値はコミュニティで決まる - 土地活用のリノベーション

個数:

住総研住まい読本
不動産の価値はコミュニティで決まる - 土地活用のリノベーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 10時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761513580
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0052

出版社内容情報

空き家増加、家賃下落の時代に価値を長期的に伸ばす不動産活用を解説。地主、住人、建築家、事業者による、新しい不動産の営み方。

空き家増加、家賃下落の時代、不動産活用で追求すべき経済合理性、価値を持続的に伸ばす方法論を解説。土地のポテンシャルを引きだす地主、暮らしを大切にする住人、コミュニティを再編する建築家、事業者による「新しい不動産」の営み方。うめこみち、マージュ西国分寺、あまつ風、白石農園、まちの保育園、やかまし村などを紹介。

はじめに

1章 地主よし・住人よし・街よしの不動産経営

「環境」と「コミュニティ」が住宅の価値を伸ばす
コミュニティが生まれるメカニズム
地主・住人・街が得する不動産活用

2章 多様な主体が営む新しい不動産事業
?@「U & Me Komichi うめこみち」
インタビュー:茨田禎之(オーナー)、大島芳彦(ブルースタジオ)
―エリアの価値を高める、地主と建築家の協働
?A「マージュ西国分寺」
インタビュー:影山知明(オーナー)
―コミュニティが育つと大家は楽になる
?B「あまつ風」
インタビュー:黒岩健司・吉枝(オーナー)
―大家と住人がシェアする関係を最適化する
?C「白石農園」
インタビュー:白石好孝(園主)
「資産」ではなく「資源」として土地を生かす
?D「まちの保育園」
インタビュー:松本理寿輝(ナチュラルスマイルジャパン)
教育からまちづくりへ深化する

3章 縮小時代の不動産経営のポイント
鼎談:田村誠邦(アークブレイン)×林厚見(スピーク)×甲斐徹郎

土地活用に潜むまやかし
ビジョンと手間が生みだす価値
コミュニティという長期的価値
事業計画のチェックポイント

4章 時間とともに価値を増す不動産のデザイン手法

時間の経過で劣化しない不動産の価値とは
魅力を放ち続ける事業のつくり方
暮らしのストーリーを描く土地活用を

おわりに

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

バナナフィッシュ。

6
コミュニティを自ら育成させる。土地を使い切るのではなく、余らせる。こういう事業者が増えればいい。ガツガツした経営はなかなか持たないよね。日本はもうよくて小金持った中年なんだから。基本的に魚料理か、冷や飯でいいよ。2017/11/28

まさこ

0
うーん、もっと詳しい内容を知りたかった。一般向けだから当たり前か。。市民農園の話は面白かった。2017/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10792559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。