まちライブラリーのつくりかた - 本で人をつなぐ

個数:

まちライブラリーのつくりかた - 本で人をつなぐ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月20日 00時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761513450
  • NDC分類 016.29
  • Cコード C0036

出版社内容情報

カフェやオフィス、病院など、様々な場所にある本棚に人が集い、メッセージ付きの本を通じて自分を表現し、交流する活動を紹介

カフェやオフィス、個人宅から、病院にお寺、アウトドアまで、さまざまな場所にある本棚に人が集い、メッセージ付きの本を通じて自分を表現し、人と交流する、みんなでつくる図書館「まちライブラリー」。その提唱者が、まちライブラリーの誕生と広がり、個人の思いと本が織りなす交流の場の持つ無限の可能性をお伝えします。

プロローグ

第1章 図書館でもない本屋でもない「本×人の世界」
 1 地下室から生まれた私塾「アーク都市塾」
 2 濃密な人間関係が社会を動かす――日本初、大学院サテライト
 3 「天空の図書館」誕生
 4 本×人の世界

第2章 まちライブラリーの誕生
 1 事業化に邁進し、巨大化する中で失ったもの
 2 失意の中で出会った、二六歳の私の師匠
 3 問題はタコつぼではなくタコだった
 4 ミクロの視点でスタートした「まち塾@まちライブラリー」
 5 故郷・大阪に立ち上げた私のライブラリー「ISライブラリー」
 6 病院からスカイプで参加した最初の「まち塾」
 7 みんなで創る図書館の楽しみ――簡単、誰でも、どこでも、いつからでもやれる!

第3章 広がる「まちライブラリー」
 1 都心の小さなオフィスに誕生した大きな「図書館家族」
 2 カフェでつながる人と人の出会い
 3 お寺をコンビニより身近に! ~お岩さんで有名なお寺のオープンマインド図書館~
 4 山の中で自然に触れる人と本 ~奥多摩でアウトドア読書&出会い~
 5 歯科医院をまちの文化拠点に
 6 大学病院でも工夫が生まれる
 7 地域でつながる人と人、本と本 ~まちライブラリーの集積~
 8 商店街やショッピングモールでのまちライブラリー
 ~コミュニケーションが生まれ出る~
 9 個人宅をまちライブラリーに
 10 話して、話して、歌って、公共図書館をジャック
 ~千代田区立日比谷図書文化館「??人?≠フライブハウス」~

第4章 蔵書ゼロ冊からの図書館の誕生! ~まちライブラリー@大阪府立大学~
 1 大阪府立大学との出会い
 2 今までにない大学のサテライトを目指して
 3 理解されにくい??図書館?≠?乗り越える工夫
 4 大学の手を離れて、市民がつくる図書館
 5 本を植えて本棚を育てる「植本祭」
 6 市民参加を促進する「まちライブラリー@大阪府立大学」の仕組み
 7 学生がつくったまちライブラリー@中百舌鳥キャンパス
 8 大学「蔵元」、市民「酵母菌」、私「杜氏」

第5章 個人の力が突き抜けたマイクロ・ライブラリー
 1 小さな私設図書館、集まれ! ~マイクロ・ライブラリーサミット~
 2 亡き妻への思いをまちぐるみで支える図書館
 3 森を創り、本を集め、大震災を乗り越える図書館
 4 幼いころに体験した児童図書館を引き継いだ姉妹
 5 マイクロ・ライブラリーを始める動機と目的
 ・分類1 まちの図書館をつくって本を貸し借りできる環境を大切にしている人たち
 ・分類2 本のテーマや利用目的を大切にしている人たち
 ・分類3 利用している場所を活性化するために本を置く人たち
 ・分類4 公共図書館と連携しながら成長する
 ・分類5 本で人と出会う、コミュニケーションを大切にした人たち
 6 世界につながるマイクロ・ライブラリーのネットワーク
 7 個人の時代、世界は個から始まる

終章 まちライブラリーの「哲学」~ここから何が生まれつつあるのか?
 1 小さい鍋と大きな鍋――??発酵?≠フ文化を思い出そう!
 2 あなたが変わるとまちが変わる
 3 ??まちづくり?≠ナはなく??まちを育む??
 4 人の声を聴くまちライブラリー
 5 組織より個人の思いや力が抜きん出ている世界
 6 わたしたちにも参加させて!
 7 ボランティア精神と仲間がくれた大きな賞
 8 目標でなく、道草を楽しむまちライブラリー
 9 あなたもまちライブラリーの世界へようこそ

 あとがき

【著者紹介】
礒井純充(いそい・よしみつ)/「まち塾@まちライブラリー」提唱者。1981年、森ビル株式会社へ入社。社会人教育機関「アーク都市塾」、産学教育・研究連携活動拠点「アカデミーヒルズ」や「六本木アカデミーヒルズ」などに携わった後、2011年より「まちライブラリー」を提唱。全国にネットワークを広げ、2013年には「まちライブラリー@大阪府立大学」を開設。同年には全国の私設図書館を集めた「マイクロライブラリーサミット」を開催している