WORKSIGHT(ワークサイト)〈14〉台北 集まり方の流儀

個数:

WORKSIGHT(ワークサイト)〈14〉台北 集まり方の流儀

  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • コクヨ(2019/01発売)
  • ポイント 15pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A4変判/ページ数 96p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784761509163
  • Cコード C0052

目次

SPECIAL ISSUE 台北 集まり方の流儀
1 CIT(臺北創新中心)コワーキングを「媒体」に持続可能なコレクティブ・インパクトを目指す
2 Gamania Group(橘子集團)「FAMILY」の価値観を土台に次世代の文化を築いていく
3 松山文創園區(ソンシャン・カルチュラル・アンド・クリエイティブ・パーク)元煙草工場の文化基地が台北のクリエイターを惹き付ける
4 Future Ward(未來産房)台湾のリソースで台湾にイノベーションを
5 Fieldoffice Architects(田中央聯合建築師事務所)リアリティに向き合う態度が独創的な思考を生む
6 Taiwan Startup Stadium(台灣新創競技場)海外で活躍できるスタートアップを独自のプログラムで育成
7 PDIS(行政院公共數位創新空間)オープンガバメントを推進し当事者たる若者に未来を託す
INTERVIEW 王沛然(ワン・ペイジェン)
WRAP‐UP テクノロジーと文創が交わる、その先へ―山下正太郎(本誌編集長)