THE POWER OF REGRET 振り返るからこそ、前に進める

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

THE POWER OF REGRET 振り返るからこそ、前に進める

  • ウェブストアに50冊在庫がございます。(2024年05月26日 08時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761277055
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「後悔」には力があるーー

アンジェラ・ダックワース(『やり抜く力GRIT』著者)
スーザン・ケイン(『内向型人間の時代』著者)
ブレネー・ブラウン(『本当の勇気は「弱さ」を認めること』著者)
CNN、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、フォーブス、フィナンシャルタイムズ、NPR……全米メディア・ベストセラー著者大絶賛!

後悔することは、危険でもなければ、異常でもない。
幸福への道からはずれるわけでもない。
それはきわめて健全で、誰もが経験し、人間にとって欠かせない感情だ。

後悔しないことが正しい生き方だと思っている人は、この本を読んでほしい。

後悔とうまく付き合えば、未来に向けて行動を改善し、
よりよい人生を送る手助けになる。
後悔は、人間に希望をもたらすものなのだ。

内容説明

後悔することは、危険でもなければ、異常でもない。幸福への道からはずれるわけでもない。それはきわめて健全で、誰もが経験し、人間にとって欠かせない感情だ。

目次

1 後悔の名誉回復(「後悔なんてしない」主義の落とし穴;後悔は人間を人間たらしめるもの;「せめてもの幸いは…」と「もし~していれば…」;後悔は人間をよりよい人間にする)
2 後悔という感情の正体(後悔の表層構造;私たちがいだく4つの主要な後悔;基盤に関わる後悔;勇気に関わる後悔;道徳に関わる後悔;つながりに関わる後悔;「~~できたのに」と「~~すべきだったのに」)
3 後悔とどのように向き合うか(過去の行動の取り消しと「せめてもの幸い」思考;後悔を認めることからはじめる;未来の後悔を予測する)

著者等紹介

ピンク,ダニエル[ピンク,ダニエル] [Pink,Daniel H.]
1964年生まれ。ノースウェスタン大学卒業、イェール大学ロースクール修了。米上院議員の補佐官、ロバート・ライシュ労働長官の補佐官兼スピーチライターを経て、1995~97年はアル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた。フリーエージェント宣言後は、ビジネス・経済・社会・テクノロジーをテーマに、記事や論文の執筆、講演などに従事。行動科学をテーマにしたテレビ番組の共同プロデューサーを務めたこともある

池村千秋[イケムラチアキ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

majimakira

13
何年かに一度味わう、出逢えたことがその後の生き方を大きく左右する感触のある一冊。本書の四つの主要なカテゴリーの中では、「基盤に関わる後悔」が、自分の人生の中でもっとも大きい。正に脳内のタイムトラベルをして、未来の後悔と痛みを予測する試みが足りなかったと感じる。まだこれからも、よりよい人生を生きるために、そこから教訓を得て、一時的にダメージを受けつつも「行動に繋がる思考に活かすべき感情」としての後悔の最適化。貴重な学びとなった。また、自分の後悔に寄り添う過程でのセルフ・コンパッションもとても大切だと感じる。2024/04/29

takao

4
ふむ2024/05/08

BOOBOOBOO

2
後悔最小化フレームワーク(ベゾス)⇒不健康になりえる 後悔最適化フレームワーク ・基盤に関わる後悔 ・勇気に関わる後悔 ・道徳に関わる後悔 ・つながりに関わる後悔 これらを予測することに時間と労力を割くべき2024/04/25

n-shun1

2
「NO REGRET」と入れ墨をいれる人は後悔の効用を知らない。後悔の深層構造として4種類。基盤に関わる後悔,勇気に関わる後悔,道徳に関わる後悔,つながり関わる後悔。後悔していることを認めて,後悔に飲み込まれず,未来志向になるために。セルフディスクロージャー,セルフコンパッション,セルフディスタンシング,失敗の履歴書を作る,新年の誓いと旧年の後悔のセット,など。イリズムがセルフディスタンシング,メタ認知の促進に繋がりそう。失敗の履歴書はどうだろう。数々の失敗を乗り越えていることをどう認知するかで変わるな。2024/02/01

穂垂ユキ

2
評価 : 5 原著で読んで非常に良かったので翻訳を待ってたところようやく出版された。原著の時の感想にも述べたようにもう少し後悔の分析ではなく具体的な対処について書いてほしかったところではあるが、それでも十分に示唆に富む内容であった。ワールドリグレットサーベイの様々な人が抱えている後悔について原著では英語以外で書かれていて内容が分からなかったところも日本語にしてあったのが良かった。セルフ・ディスタンシングはいまのところ実践していないのでそれは実践するようにしたい。2024/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21692547
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。