GAFAMのエンジニア思考―ゼロからイチを生み出しつづける

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

GAFAMのエンジニア思考―ゼロからイチを生み出しつづける

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761275693
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

スコット・ギャロウェイ氏絶賛!
「本書はGAFAMに代表されるテック企業の文化の内幕を語る第一級の読み物だ!」
『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の著者

GAFAMに代表されるテックジャイアントは、
新しい変革経済を実現する技術を発展させて、
煩雑な実務ワークを最小限にする方法を編み出してきた。

これによって新たなアイデアのための余地ができ、
それらのアイデアを実現できるわけだ。
つまりテックジャイアントの文化は、
改良ではなく変革をサポートする。

テックジャイアントのベゾスやザッカーバーグ、
ピチャイ、ナデラは、ビジョナリーではない。
彼らはビジョンの仲介者、あるいは調停役だ。

アマゾンやフェイスブック、グーグル、
マイクロソフトの頂点で、彼らは自分のアイデアではなく、
従業員たちのアイデアを実現するために働いている。
そして、そのための仕組みを構築してきた。

これらのCEOたちはみなエンジニア出身で、
世界中の主要な企業によくある販売部門や経営部門の
出身ではない。彼らの企業運営体制は、
そういう背景から導き出されたものだ。

これらの企業の変革にあふれた文化の中核には、
「エンジニア思考」とでも呼ぶべきものがある。
エンジニア思考とは、技術重視の態度という意味ではなく、
構築や創造、変革の文化を支える考え方のことだ。

エンジニア思考は、
エンジニアが仕事に取り組むやり方にもとづいているが、
技術関連の職種や職位にとどまらず、
企業内で広く適用できる。

しかもテックジャイアントだけのものでもない。
もっと小さな会社でも同じように、
効果的に取り入れることができる。

本書は、エンジニア思考を解き明かし、
どのようにベゾスやザッカーバーグ、
ピチャイ、ナデラがアイデアの発想をうながし、
実現するための仕組みづくりをしているかを説明する。

エンジニア思考は間もなく世界中の企業で、
一般的な考え方になるだろう。

本書に登場するテックジャイアントの物語を通じて、
世界トップクラスの企業がどのように
AIや自動化を利用しているかがわかる。

それとともに読者が自分自身の職場で、
実践できるモデルを提供する。

内容説明

誰もがアイデアを出し、コラボレーションで仕事を進める。Google、Amazon、Facebookの強さの源泉とは!?Appleが衰退する兆候とは何か!?Microsoftはなぜ復活できたのか!?単純作業を極限まで減らし、創造が途切れないGAFAMの働き方とは!?

目次

Introduction いつも創業初日
第1章 ジェフ・ベゾスの変革の文化を探る
第2章 マーク・ザッカーバーグのフィードバックの文化を探る
第3章 サンダー・ピチャイのコラボレーションの文化を探る
第4章 ティム・クックとアップルへの懸念
第5章 サティア・ナデラとマイクロソフトの再生
終章 未来のリーダー像

著者等紹介

カントロウィッツ,アレックス[カントロウィッツ,アレックス] [Kantrowitz,Alex]
「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーター。その記事は「ウォール・ストリート・ジャーナル」をはじめ、ニューヨーカーやスポーツ・イラストレイテッドなど主要な雑誌、オンラインメディアで数多く引用されている実績がある。また、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftに関するニュースレターとポッドキャスト「Big Technology」の創始者でもある。コーネル大学産業・労働関係学部卒業。サンフランシスコ在住

小川彩子[オガワアヤコ]
翻訳家。学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程単位取得退学。技術文書の翻訳にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつお

14
世界最先端企業から学ぶノウハウ。 主な内容は、①最高水準を求めるAmazon、②Facebookの創業初日、③ボトムアップのGoogleとトップダウンのApple。①お客様第一を掲げるAmazon。提案は6ページの資料にまとめ、細部まで言語化するように求められる。②安定に甘えず、ロケット打ち上げのような推進力が必要な企業の創業初日。その熱量を持ち続けるための、Facebookの信念だ。③専門性を突き詰められるAppleと、多くのアイデアを混ぜ合わせるGoogle。その結果はOSのシェア率に表れている。2023/08/21

Go Extreme

2
いつも創業初日: アマゾンの創業初日の精神 アイデア・ワークと実務ワーク これからの時代に必要なエンジニア思考 高速化する世界のなかで ジェフ・ベゾスの変革の文化: 変革を習慣づけたベゾス リーダーシップ原則 重視する出力 マーク・ザッカーバーグのフィードバックの文化: 「創業初日」精神 シリコンバレーで一番中国っぽい企業 サンダー・ピチャイのコラボレーションの文化: 集合精神 AI第一主義の導入 ウォークアウト ティム・クックとアップルへの懸念 サティア・ナデラとマイクロソフトの再生 未来のリーダー像2021/10/15

Kimi

0
コラボレーションの重要性をGAFAMの社内システムを通じてわかる。創造性の重要性もわかった。 あとは、普段の仕事や生活に昇華させることか。2022/12/17

ヴァイオラ

0
エンジニア思考の話。GAFAMの変革や失敗、失敗から学ぶ姿勢などわかって面白かった。心に残ったのはGoogleとMicrosoftかなー。2022/10/26

XUN_MOGY

0
キャリアに役立つエンジニア思考をもとにした考え方を学ことができました。 また、なんとなく知っているGAFAMについて、各社の特徴を詳しく覗ける機会になり、興味深く拝読できました。2022/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18492673
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。