シン・デジタル教育 10年後、わが子がAIに勝つために必要なこと

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

シン・デジタル教育 10年後、わが子がAIに勝つために必要なこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 08時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761275495
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

スマホを“悪者”にするのは親の無知
「プログラミング教室」だけが正解ではない

ITアレルギーの保護者必読!
家庭でできる、デジタル社会で群を抜いて活躍する子の育て方
「インスタグラム」共同創業者、マイク・クリーガー氏のインタビューも収録!

私たちの子ども世代は、今後あらゆるものがシステム化され、さまざまな分野にAIが取り入れられる、超・デジタル社会を生き抜くため、文系・理系を問わず「ITリテラシー」が求められます。
世界では、それを見据えてデジタル教育が盛んに行われています。日本でも「プログラミング教育」などが開始されていますが、まだスタートラインに立ったばかりです。
OECDの調査によると、日本の子どもは、スマホの使用率が世界的に高く、日常的にゲームやSNSを行っている一方、パソコンを使って学習したり、何かを創作することについては、OECD諸国の中で最下位です。この事実は、多くの子どもたちが将来、AIやシステムに使われる側になる、もしくは「搾取」される側にまわる可能性が高くなることを意味します。
本書では、家庭でもできる「プログラミング的思考」の育て方や、ITリテラシーの高め方、スマホとの付き合い方など、DX時代に活躍する子どもを育てるため、親が知るべき知識やアイデアが満載です。

内容説明

親のITリテラシー格差が子の格差を生む。スマホを悪者にするのは親の無知。プログラミング教室だけが正解ではない。超・デジタル社会で群を抜いて活躍する子の育て方。

目次

第1章 ITリテラシーの有無が、格差を生む
第2章 プログラミング教育ついての誤解
第3章 「コンピュテーショナル・シンキング」が全ての子どもに必要な理由
第4章 わが子に「コンピュテーショナル・シンキング」を身につけさせるために親ができること
第5章 世界のデジタル教育・日本のデジタル教育
第6章 親が知っておきたいコンピュータの超・基礎知識
特別付録1 インスタグラム共同創業者マイク・クリーガー氏インタビュー
特別付録2 学びと実践を深める書籍案内

著者等紹介

松林弘治[マツバヤシコウジ]
ITエンジニア。著述家。IT教育者。1970年生まれ。大学院~助手時代にユーザインタフェースの理論的な研究を行ったのち、オープンソースの世界に転職。日本発のOS、Vine Linuxの開発に参画、主にPowerPC版の開発を担当し、開発団体の副代表に就任。ヴァインカーブの一員として、大学の全学教育システムの開発・保守を行うなど、各種開発・技術コンサルなどに従事。その後、リリース直後の写真共有SNS「インスタグラム」の日本語化を2年間1人で担当する。2014年にフリーランスとなり、数多くのシステム開発に携わりながら、企業に対する開発・技術についてのアドバイスなどを行っている。その一方で、韓国の鮮文大学グローバルソフトウェア学科客員教授、大前研一氏主宰の「ビジネス・ブレークスルー」の子ども向けプログラミング講座講師、東京練馬区の公立小学校やアオバジャパン・インターナショナルスクール(練馬)でプログラミングを教えてきた他、保護者や教員向けのセミナーを多数行うなど、教育関係の仕事にも従事。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばしばし

3
Audible:海外の国と比較すると日本の親は子供に端末機器を持たせることを嫌っている。遊んでいて管理ができなくなるから。それによって知的生産では欠かせないパソコンに慣れている若者が少なくなる。そういえば私も友達の影響で小学生の時期にPCのオンラインゲーム「メイプルストーリー」をしたいと親にねだったが拒否された過去がある。あの時に始めていたら良い意味でパソコンオタクになれてたかも。2022/05/10

Go Extreme

2
ITリテラシーの有無が、格差を生む プログラミング教育についての誤解 「コンピュテーショナル・シンキング」が全ての子どもに必要な理由 わが子に「コンピュテーショナル・シンキング」を身につけさせるために親ができること 世界のデジタル教育・日本のデジタル教育 親が知っておきたいコンピュータの超・基礎知識 インスタグラム共同創業者 マイク・クリーガー氏インタビュー 学びと実践を深める書籍案内2021/08/13

kaba

0
子供にはスマホやタブレットより生産できるパソコンを プログラミングで学ぶのは筋道立てて考えられる論理的思考 数学を視覚化する感じかな❓2021/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17825368

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。