老後の年表―人生後半50年でいつ、何が起きるの…?で、私はどうすればいいの??

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

老後の年表―人生後半50年でいつ、何が起きるの…?で、私はどうすればいいの??

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2022年05月16日 14時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761275396
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C2030

出版社内容情報

老後は多くの問題が降りかかってきます。ただ、問題が何歳頃に、どんなふうに起きやすいのかを知っておけば、事前に対策が立てられて、被害を小さくすることができる場合もあるのです。
そこで本書では、「老後の年表」と銘打ち、何歳ごろに何が起きるのかの一覧を紹介。さらに、解決策も詳しく説明しています。
ですから、被害が起きた後やその年齢を超した後も、被害を減らせることもあるのです。

老後の問題はなんとなくわかってはいるものの、「そのうち時間ができたら」「ウチは大丈夫」と先延ばしやほったらかしにしている人がほとんど。
しかし、いつ・どのように起きやすいのかを知ることで、そこへ向けて予防策を行動に移す気持ちが一気に高まるのです。

著者は、老後問題について1000人以上から相談を受け、250組以上の家族会議に参加し、79億円以上の財産管理をサポートしてきた老後問題解決コンサルタント。

さらには、経済や法律の専門家、医師、不動産会社などプロフェッショナルによる情報を提供することで、お金(相続含む)、健康、人付き合い、生前整理など、老後にありがちな問題を解決へと導きます!

内容説明

お金、健康、人付き合い、相続…。老後、絶対に知っておきたいこと、徹底紹介。リスク回避の秘密兵器「老後の年表」で問題を先回りし、事前に防ぐ!

目次

第1部 老後の年表(50歳 親の介護で「介護うつ」と「介護離職」が忍び寄る;51歳 更年期障害で、妻の長年の怒りが爆発;53歳 親が亡くなり、遺産相続の争い勃発;55歳 役職定年。働き盛りに給与もやりがいもカット;56歳 熟年離婚予備群に仲間入り ほか)
第2部 老後の生活が豊かになる3つの視点(自分はどうなると一番幸せか?すべては、この「問い」から始まる;「労働収入」「年金収入」「不労収入」の3収益を確保する;不動産投資にお勧めなのは「東京×中古×ワンルーム」;家族との付き合い方は優先順位が案外大事;収入アップと仕事の成功で、本当に幸せになれました? ほか)

著者等紹介

横手彰太[ヨコテショウタ]
1972年生まれ。オランダ、スペイン、北海道のニセコなどを転々とし、現在は東京在住。現在は、老後問題解決コンサルタントとして活動。不動産会社の日本財託に勤務し、相続など資産の問題をはじめ、数多くの老後問題に遭遇、解決に導いてきた。特に家族信託のアドバイスに定評がある。メディアに多数出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アクビちゃん

55
【図書館】人生後半で、考えられるトラブル対策や心構えを教えてくれます。親の介護、更年期障害、遺産相続、熟年離婚、収入減、うつ病、年金、病気、子どものニートや出戻り問題などなど。心配していたらきりがないけれども、対処法を知っていると知らないでは違うかなーと思い、手にしたけど、得るものは残念ながらなかったかな。動けるうちは働いていたいと思ってるし、その為にも健康でいたいけれども、病気ばかりは自分の意志でどうにもなんしね。2022/02/19

ochatomo

9
50歳から100歳をざっくり見通す 巻末に助走期間のオンライン動画「40代の年表」あり(日本信託グループ) 10年以上先は想像できておらず、読んで70歳『医療費や介護費がこれから一挙に押し寄せてくる』『平均的な資産保有額だと10年で枯渇』を自覚できてよかった あと『身上監護(医療・介護の手続)が大事になってくるので任意後見契約は頭に入れておきましょう』、この場合、家裁が選任する任意後見監督人という専門職へ報酬が毎月1~2万円発生する 認知症は生活に支障が出る症状 幸福度は健康・つながり・達成 2021刊2021/09/07

ちびたぬき

5
人生後半50年でいつ何が起こるのかについて、なるほどと思いながら読みました。退職金の相談を一番してはいけないのは銀行。介護離職は絶対にしてはいけない。老後も同じ家に住み続けるな。など、老後におこるさまざまのリスクを回避するための解決策が書いてあるのがよかったです。一番印象に残ったのは自分と波平さんが同じ54歳ということでしたが。2021/07/09

hiropon181

4
思いもよらないビターな未来が起きうるのは人生後半戦に限らずですが、そんなことも含めて人生。楽しめるかどうかは心の持ちよう次第、ということか。2021/12/29

くらーく

4
老後問題解決コンサルタントだって。いろんな肩書を作るなあ。基本的には不動産投資会社の方のようですので、それを割り引いて読む必要はあるかと思いますが、コンサルタントだけあって、まとめ上手。 いつ、何が起きるかは、あくまでも平均なので、早く来るものもあるし、年齢で決まっているものはその年になれば、いやでも履行?されちゃうし。まあ、年金なんかは、繰り上げたり下げたりできるけどねえ。 若者の年表とか子供の年表とかは気にしない?でしょ。大体同じだし。 老後もだいたいみんな同じなのよねえ。終わりが死だけど。2021/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17721695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。