市場を変えろ―既存産業で奇跡を起こす経営戦略

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

市場を変えろ―既存産業で奇跡を起こす経営戦略

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 15時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761274412
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C0034

出版社内容情報

生産性が伸び悩んでいる産業をイノベーションに富んだ商品やビジネスモデルでマーケットを刷新する手法を伝授する。

内容説明

先人たちが作ってくれた業界のなかには、大手にもベンチャーにもない資産が眠っている。看板屋にイノベーションを起こした若き経営者が放つレガシーを花形産業に変えるたった一つの方法。

目次

序章 レガシー企業だからできるイノベーションがある
第1章 なぜ、レガシー企業にイノベーションが必要なのか
第2章 自社と市場の「現在地」を把握する
第3章 「Lの世界」の成長戦略―既存ビジネスの生産性を向上させる
第4章 「Iの世界」の成長戦略―イノベーションを起こし、さらなる収益化を図る
第5章 イノベーションの実現に欠かせないこと

著者等紹介

永井俊輔[ナガイシュンスケ]
クレストホールディングス株式会社代表取締役社長。1986年群馬県生まれ。早稲田大学卒。株式会社ジャフコでM&Aやバイアウトに携わった後、父親が経営する株式会社クレストに入社。2016年に代表取締役社長に就任。2019年9月にホールディングス化に伴い、クレストホールディングスの代表取締役社長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

りんだりん(旧こぎんちゃん)

1
レガシーマーケットイノベーション。イノベーションを起こすのは何もスタートアップの専売特許ではない。レガシー企業ならではのアセットを活用したほうがもっと早く出来る可能性がある。特に新しい何かが書かれているわけではないが、大企業、しかも比較的歴史の古い企業で悶々としている人が読むと元気がもらえるかも。★22019/11/20

yyhhyy

0
看板とDTPの会社をデジタルサイネージ会社に変えた2代目社長の話。社内で味方を増やすための心構えが解説されている。2020/10/16

Go Extreme

0
レガシーマーケット・イノベーション:市場の成長性低い・生産性も低→二ッチ産業 レガシー:過去から引き継いできたリソース=かけがえない固有の資産 変化がない:楽観的→自分たちは安泰・悲観的→何をしても変わらない≒思考停止 Lの世界:存事業の効率化と改善→生産性↑・利益↑ Iの世界:イノベーション・成長するマーケットに刷新 Lの世界で生産性↑→資金→Iの世界で挑戦 オーガニックフィット→共感→構造化→デジタル→クイックフィン→データドリブン→経営理念浸透 イノベーション:どんな価値を創出・どんな手段で実現2019/12/23

Shiro

0
中堅・中小事業者向けの成長戦略・新規事業検討の補助となるような考え方を示したもの。メッセージとしては、既存企業こそ、ベンチャーには無い様々な経営資源(顧客基盤や取引先との関係性、本業への深い知見等々)があるのだからそれを活かして新たな事業機会を見出し、企業としての成長を促そうというもの(加えて既存企業も積極的にITやデジタルを活用して既存事業の効率化・基盤強化をしましょうとも)。似た内容としてはチャールズ・A・オライリーの「両利きの経営」の方が優れているが、入門書としてこちらを併用するのはありかも。2020/01/25

まなびと

0
LMI=レガシーマーケットイノベーション。既存産業だと、もうこれ以上伸びしろはないとかベンチャー企業に負けるとか不安が尽きない。けれどもそれなりに安定した基盤やネットワークや信頼がある中で新たなテクノロジーを取り入れたりしてできることあるんじゃないの?って話。実際に売上を伸ばし、安い技術に取って代わられていく部門は縮小したりした体験談が参考になります。教育はどうなっていくべきか…正解はないから、色々試していくしかない。2019/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14281919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。