わたしが子どもをもたない理由(わけ)

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

わたしが子どもをもたない理由(わけ)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月17日 09時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784761272555
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0030

内容説明

産む。産まない。産めない。産みたかった。産まなかった。子どもを育てる。誰かと暮らす。ひとりで生きる。女の人生には、いくつもの選択肢といくつかの決断がある。子どもを産むことは、義務でも務めでもない。一つの選択だ。

目次

第1章 子どもを産むことは無条件で良いことなのか?(自分のものさしで「淋しいでしょう」と言う人たち;ほんとうは存在しない「圧力」を感じていないか ほか)
第2章 子どもをもたない時代(五人に一人の女性が、生涯子どもをもちたくない;生き生きする女たち、疲れる男たち ほか)
第3章 家族という幻想が人を不幸にする(かつては肉親にすら気を抜けなかった;家族幻想の源は江戸幕府にある ほか)
第4章 結婚してもしなくても。子どもがいてもいなくても(他人が自分の規範となる日本人;放っておいてくれる東京、噂好きな地方 ほか)
終章 わたしが子どもをもたなかった理由(なぜ、子どもをもつ人生ではなかったのか?;“自分の人生を生きたいから、子どもは作らなかった”(キャリアコンサルタント・44才・女性) ほか)

著者等紹介

下重暁子[シモジュウアキコ]
作家。日本ペンクラブ副会長。日本旅行作家協会会長。早稲田大学教育学部国語国文科卒業後、NHKに入局し、アナウンサーとして活躍。そののちフリーとなり、民放キャスターを経て、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件