エッセンシャル思考―最少の時間で成果を最大にする

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

エッセンシャル思考―最少の時間で成果を最大にする

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月29日 10時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761270438
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0030

内容説明

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て1%に集中する方法!

目次

1 エッセンシャル思考とは何か―エッセンシャル思考とはどのようなものか(エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考;選択―選ぶ力を取り戻す ほか)
2 見極める技術―多数の瑣末なことのなかから、少数の重要なことを見分ける(孤独―考えるためのスペースをつくる;洞察―情報の本質をつかみとる ほか)
3 捨てる技術―多数の瑣末なことを容赦なく切り捨てる(目標―最終形を明確にする;拒否―断固として上手に断る ほか)
4 しくみ化の技術―努力せず、自動的にエッセンシャル思考を実現する(バッファ―最悪の事態を想定する;削減―仕事を減らし、成果を増やす ほか)

著者等紹介

マキューン,グレッグ[マキューン,グレッグ] [McKeown,Greg]
シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆をおこない、有名企業にアドバイスを与えている。ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガー。スタンフォード大学でDesigning Life,Essentiallyクラスを開講。2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された

高橋璃子[タカハシリコ]
翻訳家。京都大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

397
大綱は「物事の優先順位をつけ、本当に大切なことだけに自分の力を注ぎこめ」ということ。勝間さんの『断る力』に近い部分もあるし、いろいろなビジネス書で書かれていることをまとめ直したような印象も受けるが、各トピックスが適当な長さで、文章も読みやすいので売れるのも納得。ある程度ビジネス書を読む人であればそれほど斬新なことは書かれていないが、もうちょっと日々を考え、選択して行動せねばなぁと考えるきっかけにはなるかも。2016/04/27

mitei

240
順位を決めてやる事を決めて生きるのが大事だなと思った。どうしても些末な事でバタバタしがちだが、本書のエッセンシャル思考を体現したいな。ふと周りを見ると非エッセンシャル思考に溢れているなと感じる。2020/02/16

ehirano1

228
エッセンシャル思考のカギはトレードオフ。これを無視すると計り知れず且つ取り戻すことができない代償を払うハメになることを本書にて実感。勇気を渙発してトレードオフを実行しよう!しかし、上司や友人に対して上手にノーと言うためには技術が必要で(本書はいまいちなので、これに関しては他本を当たる必要があると思いました)、現在の日本社会では全てをトレードオフすることには注意が必要ではないかナ。要はバランスが着地点になりそう・・・。2016/04/08

morinokazedayori

148
★★★★★人生は思っているよりずっと短い。無駄なことに時間や労力を費やすのをやめて、本当に大事なことに専心したほうが良いという考え方と、その生き方を実践するための具体的な方法について書かれている。目の前のやりたいことややるべきことに振り回されないために、本質的な最優先事項は何なのか、よく考えてみたい。2016/03/21

5 よういち

107
「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方が『エッセンシャル思考』。99%のムダを捨て、本質的に重要な1%に労力も資金・資材も投入。◆本書の主張は正しい。ビジネスでも人生でもこういう考え方が必要なのだろう。しかし、日本社会の中で、これをやっていいのかというのが私の本音だ。ムダを排除するのも、一極に集中して資源を投入するのも理解できるし、尤もだ。しかし、日本の人情に代表されるような人間関係の中で必ずしもこうしたやり方が正常に機能するかは甚だ疑問である。無駄の中に大切なものが隠れている気がするのだが...2019/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9012404

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。