英語を「続ける」技術―学校では教えてくれない

電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

英語を「続ける」技術―学校では教えてくれない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761268657
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C0082

内容説明

「高い教材」「1日5分でOK」「聞き流すだけ」…で効果がありましたか?脳科学・言語学・心理学を駆使した最強の英語メソッド。安心してください。もう、英語に悩まされません。

目次

第1章 英語を続ける「続かない」→「続く」(なぜ、英語が続かないのか?;潜在意識を活用した、脳を生かす英語学習;さらに脳を生かした学習をするためのヒント;簡単に英語が続けられるテクニック)
第2章 効率的に上達する「非効率」→「効率」(英会話を効率的に学ぶ;リスニングを効率的に学ぶ;ボキャブラリーを効率的に増やす;効率的な学び方の秘訣;学習方法を工夫するためのコツ)
第3章 英語が好きになる「嫌い」→「好き」(英語が好きになる方法;前向きな気持ちで英語学習を続けるヒント)

著者等紹介

西澤ロイ[ニシザワロイ]
英語力コンサルタント、心理カウンセラー、作家。1977年北海道生まれ。獨協大学英語学科卒業。TOEIC満点(990点)、英検4級。元々は英語がまったく話せなかったが、大学で言語学に出会い、一気に上達する。TOEICで満点が取れるまでに上達した経験をベースに、言語学や脳科学、心理学などの専門知識などを組み合わせて英語の指導をしている。2006年からの4年間で「英会話が話せるようになるノウハウ」を約2000人に提供し、喜びの声が多数寄せられた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mr.チャーリー

49
脳科学、言語学、心理学を駆使した効果的で効率的な学習方法を教えてくれます。何だか難しそうだなあと思いきや、優しい言葉で書かれていて、わかりやすい内容です。 なるほど、試してみようと思ったのはリスニング力の高め方。これまで僕は意味を考えながらリスニングしていました。そうじゃなくて、まずは音だけに集中して、真剣にリスニングを行う事だそうです。メジャーリーグを英語音声で聴こうっと!2017/06/23

ちばっち

7
「1日に勉強を何時間できますか?仕事だったら何時間できますか?」と「苦しいながらも頑張って英語を勉強したとします。勉強が終わった後、あなたはいったい何をしますか?」という質問に目から鱗が落ちました。勉強を勉強だと思ったり、頑張ろうと思うと続かない。生活の一部にしてオン・オフの切り替えをなくしたり、楽しめるように工夫をしたりと色々なアドバイスを頂きました。これからどう工夫していくか楽しみながら考えたいと思います!続かないのは自分のせいではないし、ダメな人間だからではない。方法が悪いからだ!2016/11/06

T坊主

6
要するに1.英語を生活の一部にし、目的をしっかり持って、興味を持ち続ける 2.中学レベルで十分なので、自信を持って大きな声でしゃべる 3.聞く事に集中して、分からない所は何度も繰り返し聞いたりして、そのままにしない 4.自分で単語リスト作成 5.繰り返し思い出す 6.基本的な動詞と前置詞をつかもう 7.学習法があっているか考える 8。分からないという事は、希望やワクワクが生れる原因、知る喜び、上達する喜びを知ろう 2013/03/14

ぼくとつこつ

2
自己暗示じゃないけど、簡単だ!絶対にできる!といったポジティブ思考で気持ちを乗せるのはやっぱり重要だと感じた。リスニングは意味を考えず音で捉えるという説明では、スピードラーニングとかドリッピーってちゃんとやれば効果が出るんだなと納得できた。続けるにはとにかくストレスを減らすこと。勉強にしちゃあダメ。エロサイト巡りで英語を学んだ話とかあながち馬鹿にならないなと思った。2019/01/21

noriyorino

2
one word a dayはいいアイデア。やってみよう。大切なのは日本語を介在させる学習法から卒業すること。何かを理解することが出来るのは自分だけ。情報と情報がつながること、納得すること、腑に落ちることは自分の中でしか起こらない。2018/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5517003

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。