身体とシステム<br> ジェスチャー―考えるからだ

個数:

身体とシステム
ジェスチャー―考えるからだ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月22日 09時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760895144
  • NDC分類 801.9
  • Cコード C3311

内容説明

人はなぜジェスチャーをするのか?発話に伴い自然と出てくる表象的ジェスチャーを、「からだ的思考」の視点から、多様な実験・研究を通して分かりやすく紹介する。

目次

1章 ジェスチャーをめぐる謎(ジェスチャーは「非言語的」か?;ひとは、なぜジェスチャーをするのか?)
2章 ジェスチャーの定義とその表現力(コミュニケーションの場における身体の動き;ジェスチャーの分類にかかわる三つの要因 ほか)
3章 表象的ジェスチャー、イメージ、言葉(表象的ジェスチャーと発話の内容との関係;擬音語・擬態語と表象的ジェスチャー)
4章 表象的ジェスチャーの発話の促進効果(表象的ジェスチャーの抑制の発話への影響;道案内のデータ ほか)
5章 からだ的思考と分析的思考(発話とジェスチャーの生成に関するマクニールの理論;「成長点理論」を超えて ほか)

著者等紹介

喜多壮太郎[キタソウタロウ]
1963年生れ、東京大学工学部卒業。東京大学大学院情報工学研究科修士課程修了。シカゴ大学大学院博士課程修了。Ph.D取得。専攻は心理言語学。1993年より、マックス=ウプランク心理言語学研究所研究員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。