kaze no tanbun<br> 移動図書館の子供たち

個数:

kaze no tanbun
移動図書館の子供たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月19日 08時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784760152827
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0093

内容説明

「ただ短い文、しかし広い文」―絢爛たる“短文”アンソロジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

49
“有名な問いがある。誰もいない森で木が倒れたら、音がするか?(羽音)” Kaze no tanbun第2弾。先に第3弾を読んだけれど全く順番関係なさそう。というか短文集というくくりと趣きが同じだけのよう。またしても、私の噛みしめが足りないのか、よくわからないものが多くて、苦笑い。伴名練さんの「墓師たち」、勝山海百合さんの「チョコラテ・ベルガ」、藤野可織さんの「人から聞いた白の話3つ」が好み。どうも、小川洋子さんや川上弘美さん的風味が漂う作品に引き寄せられる。異世界なのかSFなのかわからない世界に。 2021/09/26

rosetta

22
★★✩✩✩殆どが名前すら聞いた事のない書き手。装幀だけが素晴らしいが、内容には読む価値もない。誰に何を届けたくてこんな本を企画したのか全く理解できない。小説なのかエッセイなのか論文なのか。ただの試し書き?フリーペーパーや同人誌並みのまるで素人が書いたような文章がダラダラと綴られている。目次を最後の巻末に載せている意味も不明。こんな本に1800円も出した人は可哀想。2021/06/02

スイ

17
「短文」ばかりで、小説だったりエッセイだったり。 斎藤真理子さんのが断トツで好き。 伴名練さん、乘金顕斗さんの作品も、短いのだけど一冊みっちり読み切ったような充足感だった。 凝った装丁も素敵。2021/02/22

十二月の雀

13
短編の上手い作家は名手、とはいうけど、短文の上手い作家は……奇手?トリックスター?テキトーにそんなことを思って読んだ。では短文とは何だろう?小説だろうか、詩や散文だろうか、ルポルタージュだろうか、謎の呪文だろうか。シリーズ第2弾から読んだから全然わからない。わかるようなわからないような、わかるふりして読みきって、短文の世界をもう少し知りたいと思う。あ、どうもどうも、こちらが短文の世界ですか。2021/01/14

かもめ通信

10
今回のお気に入りは、斎藤真理子、藤野可織、松永美穂2021/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17225584
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。